写真投稿テスト

Windows Live Writer でローカル内に保存されている写真を挿入し、ブログに投稿するのは、どうすればいいのでしょう?

写真投稿のテスト

という質問を受けました。ということで、Windows Live Writerで写真を挿入してテストしてみました。

写真を挿入する方法

  1. Windows Live Writer 起動。
  2. メニューバーの「挿入」から「画像」を選択。
  3. 「画像の挿入」ウインドウが開くので、保存してある写真ファイルを見つけ出し、「挿入」ボタンを押す
    このとき、挿入したい画像のファイル名は、日本語ではなく半角英数字でなければうまく行きません。
  4. 記事中に写真が挿入される

記事が書きあがったら、「投稿」ボタンを押して記事をアップする。

Windows Live Writer で画像挿入

Windows Live Writer を使ってみて、すごく便利だと感じたのが記事中に画像を挿入するときです。Windows Live Writer をキャプチャした画像

通常、どこのブログサービスでも、いったん画像データを自分のパソコン内のどこかに保存し、それを探し出してきて挿入することでしょう。写真データの場合は、それでいいのですが、パソコンの画面をキャプチャしたデータというのは、保存するのが面倒だったりします。特に画像ファイル名をうっかり日本語でつけてしまうとエラーも発生します。

Windows Live Writer の場合、いちいちキャプチャ画面データを保存する必要ありません。画面全体をキャプチャしたい場合は、PrintScreen キーを押すだけ。現在使っているウインドウだけをキャプチャしたい場合は、Alt キーを押しながら PrintScreenキーを押します。その後、Windows Live Writer に行って、Ctrl + Vキーを押すか、メニューバーの「編集」から「貼り付け」を選択します。これだけで、目的の画像が記事中に挿入出来てしまうのでした。

画像を貼り付けた後は、配置やその処理方法を考えます。

  1. 貼り付けた画像をマウスでクリックして選択。
  2. サイドバーが「画像のプロパティ」に変わります。
  3. まずは、「画像」タブを見てみましょう。
    「レイアウト」でテキストの折り返しに対して、どう画像を配置するか、余白をどうするか決めます。
  4. 「枠線」で画像周囲の枠をどうするか決めます。
  5. 「リンク先」は、画像をクリックした際のリンク先を決めます。
    初期設定では「ソース画像」になっています。「ソース画像」は、その画像のオリジナルデータが開くようにする設定です。記事本文中は、サムネイルという小さめの画像が表示され、画像をクリックすると大き目の画像が開くというものです。「オプション」でオリジナル画像の大きさを変更できます。初期設定は、「中」の大きさです。元のサイズに設定する場合は、オプションで変更してください。
    「URL」は、画像をクリックすると、別ページに飛べるようリンクを張ることができます。
    「なし」の場合は、記事中のサムネイルのみで、大きな画像が表示されません。
  6. 次に「詳細設定」タブ
    「画像サイズ」で記事中に表示されている画像の大きさを調整できます。「小」「中」「大」「元のサイズ」で設定変更してもいですし、「比率を固定する」にチェックをつけて幅と高さ欄を好きな大きさにしてみてもいいでしょう
  7. 「画像の操作」では、画像を回転したり、明るさを変更することができます。
  8. その他の「代替テキスト」は、マウスで画像をおさえた際に表示される文字のことです。画像の簡単な説明文を記載するとよいでしょう。
  9. 最後に「効果」タブ。
    画像にフィルタ効果を施すことができます。+のアイコンをクリックして効果を追加してください。効果は画像全体に施されます。(この効果、画像の一部分にできるとかなりいいのですけどね)
    追加した効果を取りやめたい場合は、取りやめたい効果を選択して -のアイコンをクリックします。

Windows Live SkyDrive 公開

Microsoftのオンラインストレージサービス「SkyDrive」。β版だったのが、このたび、正式版となりました。

5GB無料のオンラインストレージ「Windows Live SkyDrive」日本語版公開

SkyDrive は、パスワードで保護されたオンラインのファイル保存サービス。保存容量は5GBまで使用可能。

私も早速、使ってみました。Windows Live のIDを持っていれば、簡単!Windows Live SkyDrive にアクセスして「使ってみる」ボタンを押すだけ。

Skydrive の画面

使えるフォルダは、「個人用」と「友人と共有用」、そして「世界中に公開用」の3種類。

「個人用」フォルダは、Live IDの持ち主のみアクセス可。そして、複数のコンピュータを使っていても、インターネットに接続していれば、どのコンピュータからでもファイルの保存やアクセスができます。

「友人と共有用」フォルダは、Live ID かメールアドレスを持っている友人、同僚、家族とフォルダを共有できる。ファイルの追加や更新を行えば、情報共有も簡単。共有相手には、ファイルの編集者として内容を表示、追加、変更、削除できるのか、閲覧者として閲覧のみかの設定が可能。

「世界中に公開用」フォルダは、ネットを通じて誰でも閲覧可能。フォルダをブログなどに貼り付けられる、HTMLタグも用意されているので簡単にWeb上で自分のコンテンツを公開できます。

そして、Windows Live Spaces ユーザーならば、SkyDrive専用のモジュールも設置できます。「デザイン変更」の「モジュール」から「その他」の「ファイル」を表示させます。「保存」をクリックして準備完了。編集モードならば、Windows Live Spacesの持ち主は、Spaces上からでも SkyDriveへアクセス可能です。また、一般閲覧者は、このモジュールから「公開フォルダ」を自由に閲覧することができます。

さて、私も何か公開できるコンテンツがないものかと、昔のファイルを探してみました。本家のブログで、2年ぐらい前の春に公開した Podcast ですが・・・。test フォルダの中に 12kouza.mp3(2.4MB) ファイルが入っています。ダウンロードしてお聞きください。

http://cid-8f86f6cc5ec84012.skydrive.live.com/embedrowdetail.aspx/%e5%85%ac%e9%96%8b/test

上記の画像やモジュールの「ファイル」-「公開フォルダ」から入る場合は、フォルダをどんどん開いて、最後に表示されるページの「ダウンロード」をクリックしてお聴きください。

Windows Live Mail でブログ巡回

Outlook Express の進化版として出てきた、Windows Live メール
「簡単に使える機能」の中に

RSS フィードやニュースグループも、Windows Live メール内から電子メールと同じように検索できます。

という紹介文があります。

やり方は簡単。

  1. Windows Live メールのフォルダ ウインドウ内にある「フィード」アイコンをクリック
  2. フォルダ ウインドウがフィードに切り替わります。もし、Internet Explorer 7でRSS フィードを仕掛けていた場合は、自動的にInternet Explorer 7から取り込まれていることでしょう。
  3. 新たにRSS フィードを登録したい場合は、フォルダ ウインドウ内にある「フィードの追加」をクリック。
  4. 「RSS フィードの追加」画面が開きますので 登録したいブログのRSS フィードのURLを入力します。なお、登録すると Internet Explorer 7のフィードにも反映されます。
  5. 「OK」を押せば完了です。

Windows Live Mail のフィード 画面 巡回する場合は、まずツールバーにある「フィードの更新」ボタンを押します。すると、ステータスバーに「フィードを更新しています」と表示されますので、その表示が消えるまで待ちます。後は、お好みのブログを読んでいくとよいでしょう。

登録したフィードがたくさんある場合は、自分でフォルダを作って整理することも可能です。これは「フィードの管理」でおこなえます。フォルダを作成した後、マウスでドラッグ&ドロップして登録したフィードをフォルダに移動させます。
しかし、このフィードのアイコンとフォルダのアイコン、空っぽだと黄色なのですが、中に何か入ると同じ色になってしまうので、だんだんわかりづらくなってくるのでした。

Windows Live Mail の「フィードの管理」画面

今まで、メールとブログは、それぞれ別のソフトで読んでいた場合、一つのソフトでおこなえれば、あっちを起動したり、こっちを起動したりという手間が減って良いかもしれません。

Windows Live Messenger アドバイザーの まいこさん

Windows Live メッセンジャーは、もうダウンロードして使ってみましたか?

MSN メッセンジャーから進化した Windows Live メッセンジャー は、手軽にチャットが楽しめる無料のインスタントメッセンジャーソフト。無料で入手でき、利用もインターネットに接続できる環境があれば、特別な使用料はかかりません。

 Windows Live Messenger まいこさんとチャット さて、ログインすると一番最初にメンバーリストに登録を薦められるのが、Windows Live メッセンジャー アドバイザーの まいこさん

説明文には、

メッセンジャー に関する分からないことは何でも教えてくれます。メンバーリストに追加でき、24時間オンラインなので、暇なとき、メッセンジャー の使い方で困ったときなど、好きな時に「まいこ」を呼び出してみましょう。

とのこと。

まずは、メッセンジャーが初めてだとして「はい」と返事すると、メッセンジャー登録のレッスンはしてくれるのですが、その後は何だかトンチンカン。
それでは、まいこさんとの会話を一部紹介しましょう。

ラム の発言:
お年はいくつですか?
まいこ の発言:
私は大人です。 私は年齢について話すのがあまり好きではありません。
あなたのお役に立ちたいと思います。私がサポートしていることについて、どうぞ、質問してください。

ラム の発言:
子供はいるのですか?
まいこ の発言:
ええとそうですね…子供? いいえ、いません。
あなたの話はとても興味深いです。何か新しいことを話してください。

ラム の発言:
誕生日はいつですか?

まいこ の発言:
5月23日です。

ラム の発言:
どこに住んでいるのですか?
まいこ の発言:
私は東京都渋谷区代々木に住んでます。
私とチャットしていただき、光栄です。 どうぞ、わたしがお手伝いできることについて、質問してください。
ラム の発言:
代々木ですか!素敵なところですね。
まいこ の発言:
そうですか。それはよいことでしょうか。それとも悪いことなのでしょうか。

ラム の発言:
妹さんは何をしているのですか?
まいこ の発言:
個人的な事に関しては。。。わたしは秘密主義です。。。

そうこうしているうちに、やっと質問の仕方がわかりましたよ。
「?」 「メニュー」 「ヘルプ」と言った言葉を送信するとWindows Live メッセンジャー 機能紹介メニューが表示されます。

「[1] メンバーの登録 – まずはこれから!」だけは、メンバーの登録レッスン への招待があって、承諾するとWindows Live メッセンジャー内にアニメーション画面が表示されて、レッスンが始まります。
それ以外は、下記に紹介する専用のWebサイトへ行って、学べるのでした。

Windows Live メッセンジャー を利用するには、基本的に Windows Vista もしくは Windows XP が搭載されたパソコンが必要になります。インストールできない機種でも、MSN メッセンジャー7.0 や Mac用の Microsoft Messenger for Mac、そして携帯電話(DoCoMo、auの対応機種)からも Windows Live メッセンジャーとチャットすることはできますよ。

Windows Live メールをいろいろ変更

Windows Live メールを使ってみています。
持ってない場合は、Windows Liveのおすすめパックでインストールしてどうぞ。

Windows Live メールの起動アイコンは、[スタート]メニューの「すべてのプログラム」の中に見つかることでしょう。起動させると、現在使っている Outlook Express もしくは、Windows メールのアカウントや設定、送受信メールを全て引き継ぎます。両方を使いたい場合は、現在使っているメールソフトかWindows Live メールのどちらかでメールをサーバーに残す設定にしておくと良いでしょう。

  1. メニューバーの「ツール」から「アカウント」を選択。
    メニューバーが表示されていない場合は、Altキーを押すと表示されます。
  2. メールアカウントを選択し、「プロパティ」のボタンをクリック
  3. 選択したメールアカウントのプロパティが開くので「詳細設定」タブを開く
  4. 配送の「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックをつける
  5. 「OK」ボタンを押す。某アカウントのプロパティ「詳細設定」タブ

これで、サーバーに残す設定にしたメールソフトから先に受信すれば、両方のメールソフトで同じメールが見れることでしょう。

さて、私のパソコンの画面が横1024ピクセルの設定だからでしょうか?ツールバーにある「送受信」のアイコンが隠れてしまって見えません。これは、不便なので、見える位置に移動させましょう。

  1. ツールバーを右クリックするか、「メニューの表示」アイコンをクリックして「ツールバーの変更」を選択。
  2. 「ツールバーの変更」画面が開くので「現在のボタン」欄内から「送受信」を選択。
  3. 上向きの▲ボタンで、見えるであろう位置まで場所を移動させる。
    もしくは、使わないと思われるツールバーのボタンを選択し、左向きの▲ボタンで「有効なボタン」へ移動させる。
  4. 設定変更できたら、「OK」ボタンを押す。
  5. ツールバーに必要なボタンが表示されたか確認する。

メニューバーは、Altキーを押すと一時的に表示されます。しかし、これは、コマンドを実行させるとそれで消えてしまいます。これが不都合で、メニューバーを常時表示させておきたい場合は、下記のように設定します。

  1. ツールバーの「メニュー表示」アイコンをクリック
  2. メニューが表示されるので、その中から「すべてのメニューを表示」を選択。
    以上で、メニューバーが常時表示されます。

なお、テキスト形式のメール送信時にメール本文が指定した文字数で自動的に改行するよう設定を変更したい場合は、「Windows Live メールで折り返し設定を有効にする方法」をご参照ください。

Windows Live メールで折り返し設定を有効にする方法

Windows Live メールは、「Outlook Express」および Windows Vistaの「Windows メール」の後継となるメールクライアントソフトで、Windows Vista と Windows XPに対応しています。Hotmail が使えなくなってしまった  Windows Vistaの「Windows メール」ですが、Windows Live メールでなら使えます。

さて、Windows Live メール。これもやはり Windows XP SP2 を導入した Outlook Expressや Windows メールと同じく、テキスト形式のメール送信時にメール本文が指定した文字数で自動的に改行されません。なお、Windows Live メールで送信メールをテキスト形式にする方法は下記の通り。

  1. Altキーを押してメニューバーを表示させ「ツール」から「オプション」を選択するか、ツールバーにある「メニューの表示」ボタンを押して「オプション」を選択する
  2. 「オプション」画面が開くので、「送信」タブを開く
  3. 「メール送信の形式」を「HTML 形式」から「テキスト形式」へ変更
  4. 「テキスト形式の設定」ボタンを押して「送信時に自動的に文字列を折り返す」が自分の都合の良い文字数になっているか確認。
    初期設定時は、76文字です。そのままでも構いません。
  5. 「OK」ボタンを押して、開いたウインドウを閉じる

さて、メール送信時にメール本文が指定した文字数で自動的に改行されない原因は、Windows XP SP2を適用後にOutlook Expressで起きたのと同じです。
Windows XP Service Pack 2 適用後、Outlook Express で折り返し設定が有効にならない

過去に私の本家のブログで「SP2のOutlook Express で自動改行を有効にする」と「Windows メールで折り返し設定を有効にする方法」を紹介しましたが、Windows Live メールも解決方法もこの応用でできました。Windows Live メールでの折り返し設定を有効にする方法は、下記の通りです。なお、レジストリを操作する作業です。作業される場合は、自己責任でお願いいたします。

レジストリ エディタを使って手動で作業する方法

  1. Windows + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. regedit と入力します。「OK」ボタンをクリック
  3. [レジストリ エディタ] が起動します。
    Windows Vista で[ユーザーアカウント制御] 画面が開いたら、[続行] をクリックしてください。
  4. 編集する値が保存されているサブキーを見つけます。HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindows Live Mail
  5. 以下の値を追加します。

    名前: Disable RFC2646 Wrapping
    種類: DWORD 値
    値のデータ: 1

    追加のやり方
    左側のウィンドウで [Windows Live Mail] キーが選択されている状態で、[編集] から[新規] [DWORD(32ビット)値] を選択します。右側のウインドウに[新しい値 #1] ができますので、この名前を[Disable RFC2646 Wrapping] に変更します。名前が変更されたら[編集] から [修正] と進んで[値のデータ] に 1 と入力し[OK] を押します。

  6. レジストリ エディタを終了します。

レジストリ エディタを使わずに、自動的に書き換える方法

  1. メモ帳に下記の内容をコピーして貼り付けます。

    Windows Registry Editor Version 5.00

    [HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindows Live Mail]
    "Disable RFC2646 Wrapping"=dword:00000001

  2. 出来上がったメモ帳のファイルを適当なファイル名で[名前をつけて保存] します。 なお、保存する際に、拡張子を[.reg] として下さい。
  3. 保存した [.reg] ファイルをダブルクリックします。
    Windows Vistaで[ユーザーアカウント制御] 画面が開いたら、[続行] をクリックしてください。
  4. レジストリ エディタの警告画面が開きますので、[はい] をクリックします。
  5. レジストリ エディタのメッセージ画面が起動します。[レジストリに正常に追加されました] と表示されたら成功です。
  6. [OK] ボタンを押して閉じます。
  7. 以上でレジストリが自動的に書き換わりました。

作業完了後、Windows Live メール を起動し、送信トレイに移した際、指定した文字数で改行されているかどうか確認してください。

Live Mail の「ブログに引用」

Windows Live メールの「フィード」によそ様のブログを登録して読んでいます。

今回、気になったのは、ツールバーにある「ブログに引用」アイコン。
Windows Live Mail のブログに引用」アイコン
「ブログに引用」アイコンにマウスを持っていくと「このメッセージをブログ記事として Windows Live Spaces に投稿」と表示されました。

どうなるのでしょう!?とちょっとクリック。
すると、ブログに投稿する際の注意画面が起動。
ブログに投稿する際の注意画面

そのまま「OK」で次へ進むと、Windows Live Writerが開きました。題名や本文には、引用しようと思ったブログの記事が<blockquote>タグを含んで記載されています。必要な部分を拾ってから、自分の記事にしなさいということでしょう。

では、書きあがった記事をアップしたら、どうなるのでしょう?

特に引用したブログへトラックバックを打つといったことまでは、してくれないのですねぇ。引用したブログのURLも自分で記事本文に記載しないといけないもよう。

Live Messenger でWebカメラとマイクを使うと

チャットをしながらWebカメラ使用Windows Live Messenger で Webカメラとマイクを使うと、文字でのチャットだけでなく、テレビ電話のように会話ができるようになります。 ただし、いずれも1対1の通話です。音声通話は複数の相手とは同時にはできませんのでご留意ください。

用意するもの

  • スピーカー
  • マイク(ヘッドフォンとセットになったヘッドセットを使うと便利)
  • Webカメラ(マイクつきのタイプも便利)

準備

  1. スピーカー、マイク、Webカメラをパソコンにつなぐ
  2. メニューから「ツール」-「オーディオとビデオのセットアップ」を開き、ウイザードに従って、作業する。
  3. スピーカーのチェック。ヘッドホンを使用している場合は、チェックをつける。サウンドを再生してみよう。
  4. マイクのチェック。使用するマイクを選択。実際にしゃべってみて、音量が正しくセットできているかどうか確認。
  5. Webカメラ(Webcam)の確認。使用するWebcam を選択。画像が映しだされるかどうか確認。ピントも合わせる。
  6. 全て、チェックできたら「完了」を押すと、準備完了

Webカメラを持っていることを知らせるアイコンなお、ツールの「オプション」内にある「個人設定」で「Webcam を持っていることを他のメンバーに知らせる」にチェックをつけておくと、「インスタント メッセージ送信」画面にWebカメラの アイコンが表示され、他メンバーに知らせることができる。

Webカメラやマイクを使ってできること

  • 通話
  • お互いをビデオ画像で見ながら、文字でのチャット
  • 映像通話
  • 音声メモの送信

操作方法は下記の通り

通話

  1. Windows Live Messenger の通話中画面 Live Messenger のメイン画面から相手を選択して右クリック、メニューの「通話」-「コンピュータへの通話」を選択。もしくは、「インスタント メッセージ送信」画面にある「メンバーと通話します」のアイコンをクリック「コンピュータへの通話」を選択。
    「インスタント メッセージ送信」画面にある「メンバーと通話します」のアイコン
  2. 相手が応答をクリックすると通話開始。
    音量の調整は、各自のアイコンの脇にマイクやスピーカーの音量調整スライダーがあるので、調整可能。通話中も文字でのチャット可能。
  3. 通話の終了は、チャット画面の「通話の終了」をクリックするか、、「インスタント メッセージ送信」画面にある「メンバーと通話します」のアイコンをクリック。

互いをビデオ画像で見ながら、文字でのチャット

  1. 「インスタント メッセージ送信」画面でチャット中、自分のアイコンの下にあるWebカメラのアイコンをクリック。「自分のWebcam を送信」を選択する。相手が承諾すると、自分の映像が相手に見えるようになる。
  2. 「インスタント メッセージ送信」画面でチャット中、相手がWebカメラを持っているのを確認したら、「Webカメラ」アイコンをクリックし「相手のWebcam の受信を開始」を選択してリクエストしてみよう。
    相手が「承諾」してくれたら、相手の映像見ることができる。

映像通話映像通話 の画像

  1. Live Messenger のメイン画面から相手を選択して右クリック、メニューの「映像」-「映像通話の開始」を選択
    もしくは、「インスタント メッセージ送信」画面にある「映像通話を開始、または中止します」のアイコンをクリック。
    「インスタント メッセージ送信」にある映像通話のアイコン
  2. 呼び出し音がなるので、相手が「応答」をクリックすると映像通話ができる。
    どちらかがWebカメラを持っていなくても、通話可能。Webカメラを持っている方の映像のみが映しだされる。

さて、上の方に掲載してある画像と右記の画像を比べて何か気がついたことがないでしょうか?
映し出されている映像が左右反転していますね。
自分の映像(下段の映像)が、左右反転しているのでした。右手を上げると映像は左手を上げます。

音声メモの送信
音声での通話とは別に、15秒までの音声ファイルを相手に送信することができます。

  1. 音声メモを送信した画面 「インスタント メッセージ送信」画面、メッセージ入力欄の上にある「音声メモ」のアイコンを押し続けます。この押し続けている間、音声を録音できます。
    「音声メモ」アイコン
  2. 「音声メモ」アイコンを離すと録音されたファイルは自動的に相手に送信されます。
  3. 再生したい場合は、「再生/停止」をクリック
    名前を付けて保存することも可能
     

Messenger のミュージック ミックス

Windows Live Messenger に再生中の曲を表示させる」で、Windows Live Messenger には、自分の聞いている曲をメンバーに知らせる機能があることを紹介しました

さて、実際に「どんな曲?」と聞かれた場合、相手に自分の聞いている曲を聞かせてあげる機能もありますので、紹介しましょう。Windows Live Messenger の「ミュージック ミックス」を使います。
この機能もインスタントメッセージ送信画面から招待して使います。 

  1. インスタントメッセージの送信で「チャット」の画面を表示。 Windows Live Messenger のミュージック ミックス
  2. 「アプリの一覧を表示します」から「ミュージック ミックス」を選択
    (初回は追加モジュールをインストール)
  3. 相手が「承諾」するのを待つ。
    相手が招待を承諾すると右側の欄に、「ミュージック ミックス」が表示される。
  4. 「音楽の追加」を押して、聞かせたいファイルを選択し「開く」を押す。
    [.mp3][.wma][.wav]のファイルが共有可能。(容量は、最大20MBまで)
  5. ホストの画面に追加されたファイルが並ぶと、ゲストの画面では、そのファイルのダウンロードが始まる。
    ダウンロードが完了すると、ゲストの画面でも視聴可能。
    再生ボタンを押すと、お互い同じ箇所を聞ける。停止ボタンを押すと両方とも再生が止まる。

なお、ゲストは、ホストから聞かせてもらった曲のファイルをそのまま保存することができません。チャット画面を閉じてしまうと全て削除されます。「ちょっと聞かせてもらうだけ!」の機能です。
また、著作権保護されている音楽ファイルは、共有できません。持ち主は、再生できますが、共有相手は再生しようとしても、操作すらできませんでした。

協力:Microsoft Digital Media Informations さん より [WindowsLive] 新しい音楽共有エクスペリエンス