Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(発表時編)

コンテンツの操作方法

ミーティング時のコンテンツは、事前に Live Meeting へインポートしておく必要があります。Microsoft PowerPoint、Word、Excel、および Macromedia Flash や Windows Media Player 形式 (.wmv) のビデオ プレゼンテーションなどが Live Meeting にインポートできます。コンテンツのインポート方法は、Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(準備編)をご参照ください。

  1. ファイルを発表するには、[コンテンツ] でそのファイルを選択します。
  2. パワーポイント スライドを順に表示するには、スライド画面の左下にある 矢印 [前へ] または [次へ] をクリックする。
    パワーポイントを制御する矢印
  3. インポートしたビデオ ファイルを制御するには、ペインの下にあるアイコンをクリックします。

コラボレーション スライド

Live Meeting に用意されている他の出席者との共同作業に役立つ機能。次の 5 種類のコラボレーション スライドが用意されている。

  • ホワイトボード:空白の画像スライドで、コメント ツールを使用して、スライド上に図を描いたり、テキストやスタンプを追加したり、情報を強調表示したりでる。たとえば、要点を説明するためのフローチャートをすばやく作成するには、ホワイトボード スライドを挿入し、コメント ツールを使用して四角形や線などを描きます。
    ホワイトボード
  • Web ページ:ミーティングの参加者に対して Web ページを表示し、各参加者がその URL に個別に接続して、そのサイトを自由に移動できるようにするときに使用可能。Webページ
  • テキスト ページ:権限を持つ任意のミーティング参加者が入力できる、空白の編集可能なスライド。たとえば、テキスト スライドを作成して、実施項目の一覧などの参加者がコピーして貼り付けできる新しい情報を入力できます。テキスト スライドを作成して作業する場合は、[編集] メニューのコマンドを使用してテキストのコピー、貼り付け、切り取り、および削除を行うことができます。
    テキストページ
  • 投票ページ:プレゼンテーション中にミーティングの参加者の反応や意見を確認するために使用します。
    投票ページの作成
    投票ページは、参加者が質問に対する回答を複数の選択肢から選択できるので、参加者からのフィードバックを集めるのに有効な手段です。投票スライドは、事前に作成することも、プレゼンテーション中に必要に応じて挿入することもできます。
    Live Meeting 投票画面    
  • スクリーン スナップショット:コンピュータからキャプチャされたスクリーン ショット (スプレッドシートやグラフィックのスクリーン ショットなど) を表示します。キャプチャは、スナップショット フレームの「カメラ」アイコンをクリックする。作成されたスナップショット スライドには、コメント ツールを使用してコメントを追加可能。
    スクリーン スナップショット の画像

共有メモ

発表者は、共有メモを使ってミーティング中に参加者とそのメモを共有できる。また、参加者に「参加者のアクセス許可」でメモを追加して保存したり、編集できるようにする権限を与えることも可能。

共有メモのアイコン

参加者は、「共有メモ」アイコンをクリックすると表示される。
発表者の共有メモ 

※「参加者のアクセス許可」に関しては、Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(準備編)でどうぞ。

共有メモの使い方例

  • 現在保留中の質問内容
  • 参加者から入った提案内容
  • 変更事項

なお、Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(準備編) もどうぞ。

参考:Live Meeting 2007 ヘルプ

Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(準備編)

必要なもの

  • 参加のためURL
  • マイク
  • Webカメラ(ミーティング現場の様子をビデオで配信したい場合)
  • 発表用のデータ(パワーポイントなど)
    ※パワーポイントでアニメーション使うと、うまく動いてくれないことがあります。また、音声データを挿入してもうまく流れません

発表前の準備

  1. 初めてミーティングに参加する場合
    Microsoft Office Live Meeting クライアントがコンピュータにインストールされていることが必要
    [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] – [Microsoft Office Live Meeting 2007] がプログラムの一覧に表示されるかどうかを確認
    [Microsoft Office Live Meeting 2007] が見あたらない場合は、次のページよりダウンロード
    インストール用モジュール ダウンロード ページ
    なお、インストーラーが途中で止まってしまう場合は、Office Live Meeting 2007 のインストール をご参照ください。
  2. 参加URLへアクセス
    セッション作成許可がおりたら、ミーティング参加URLへアクセス可能
    アクセスすると Microsoft Office Live Meeting が自動的に起動。
    Live Meeting 入場画面
    発表者の名前を入力し続行すると入場、セッションの準備が可能
    (Windows Vista で、IE のセキュリティ警告が表示された場合は「許可する」をクリック)
    参加者は、開催時間30分前から入場可能となるので、早めに準備しよう
    ※その他の参加方法:
    [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイント。
    次に、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をポイントし、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をクリック。
    ミーティング IDと発表者の入場コード、場所(?)を入力。
  3. マイクをパソコンに接続
    ミーティングでコンピュータ オーディオを使用する場合は、ミーティング参加時にオーディオが既定で有効になる。オーディオが有効でない場合は、[音声 & ビデオ] をクリックし、[オーディオに参加] をクリック。
    なお、マイクまたはスピーカーをミュートするには、[音声 & ビデオ] ペインで [マイクをミュート] アイコンまたは [スピーカーをミュート] アイコンをクリックする
    スピーカー アイコンの▼で表示される調整画像
  4. Webカメラをパソコンに接続
    [音声 & ビデオ] をクリックし、Web カメラ アイコンの▼をクリック、[ビデオの開始] を選択
    [音声 & ビデオ] のWeb カメラ アイコン メニュー
    Webカメラが認識されると映し出される
    発表者のビデオ画像 今回の発表者のクマちゃん
    デフォルトでは、ビデオ画面の右下にプレビューが表示される。邪魔な場合は、Webカメラ アイコンの▼をクリックして「プレビューの非表示」を選択。
    ビデオ画像を常時表示させておきたい場合は、ビデオの画面をドラッグして右端に移動させると、ペインがドッキングする。(ペインに関しては、項目7を参照)
    なお、ビデオの表示を停止するには、Web カメラ アイコンをクリックする
    ※スピーカーとカメラを適切に動作させるには、ミーティングへ最初に接続した後に、[音声とビデオのセットアップ] 機能を使用する。Ctrl +T キーを押すか、または [音声 & ビデオ] をクリックして [詳細] アイコンをクリックし、[オプション] – [音声とビデオのセットアップ] の順にクリック。この機能の指示に従って、スピーカー、マイク、および Web カメラを指定し、テストする。 
    ビデオとマイクの準備が整った Live Meeting
  5. ファイルとアプリケーションを共有
    発表用のファイルやアプリケーションを共有する
    ツールバーの[コンテンツ] をクリックし、[共有] を選択。
    [ファイルのアップロード(表示のみ)] をクリック
    [コンテンツ]のメニュー画面
    「共有するドキュメントを選択してください」画面が開くので、ファイルを選択し、「開く」をクリック
    アップロードの警告画面が表示されたら「続行」。
    ファイルのインポートが始まり、完了すると Live Meeting の共有画面に表示される
    準備の整ったLive Meeting 画面
  6. 参加者のアクセス許可を設定
    1. メニューバーの[参加者] をクリック
    2. 詳細の「>>」アイコンをクリックし、[アクセス許可] をクリック
      「参加者」のペイン画面
    3. [参加者のアクセス許可] ダイアログ ボックスが表示されるので、参加者にどこまでのアクセスを許可するか設定する
      [参加者のアクセス許可] ダイアログ ボックス
  7. ペインを配置
    ペインとは、メニューバーに並んでいるメニューをクリックして表示される画面のこと。
    発表者用には、「コンテンツ」「参加者」「音声 & ビデオ」「Q&A」「ミーティング」「レコーディング」と用意されている。メニュー バーの各メニューをクリックすると、ペインが表示される。
    各ペインは、マウスでドラッグすることができるので、好きな位置で常時表示させておくことも可能。
    発表上、必要なペインを都合の良い場所に常時表示させておくと便利。

    個々のペインを管理する方法
    ペインを折りたたむには、[最小化] ボタンをクリック。
    ペインを元のサイズに展開するには、[復元] ボタンをクリック。
    ペインを閉じるには、[閉じる] ボタンをクリック。
    ペインをクリックし、マウスのボタンを押しながらミーティング クライアントの任意の場所に移動またはドッキングも可能。

引き続いて、Live Meeting 2007 発表者向けマニュアル(発表時編) もどうぞ。

参考:Live Meeting 2007 ヘルプ