Windows Live メールで Hotmail をサーバーに残す?

Windows XP を使って、Windows Live メールで Hotmail の送受信をしています。この度、Windows Vistaを買ったので、両方のパソコンで Hotmail を受信したいと思い設定に挑戦してみました。ところが、Windows Live メールでは、アカウントのプロパティに「詳細設定」タブが見当たりません。Windows Live メールでは、メールをサーバーに残せないのでしょうか?

質問者は、ちょっと誤解をされているもようです。Windows Live メールだからメールをサーバーに残せないのではありません。Hotmail だから「詳細設定」タブがないのです。

某アカウントのプロパティ「詳細設定」タブ

この画像は、私のWindows Live メールで使っている某アカウントのプロパティ画面です。ご覧の通り、ちゃんと「詳細設定」タブがあります。

このようなアカウントで、受信メールをサーバーに残したい場合は、メニューバーの「ツール」-「アカウント」で設定を変更したいアカウントを選び、「プロパティ」を開きます。右の画像のように「詳細設定」タブを開き、「配信」にある「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを付け、「OK」ボタンを押せば良いのです。

なお、Windows Live メールの「ファイル」「編集」と言ったメニューバーが表示されていない場合は、Alt キーを押すか、ツールバーにある「メニューの表示」をクリックして「すべてのメニューの表示」を選択してください。

さて、先の画像で使っているアカウント。これは、Hotmail のアカウントではありません。では、Hotmail のアカウントでプロパティの画面を開くとどうなるのでしょう?

Hotmail のプロパティ 「詳細設定」タブがない

2枚目の画像が、私の使っている Hotmail アカウントのプロパティです。確かに上で紹介した某アカウントのプロパティと違い「詳細設定」タブがありません。

これでは、確かに「サーバーにメッセージのコピーを置く」が設定できませんねぇ・・・。

いえいえ、実は、これでいいのです。Hotmail の場合は、メール サーバーが HTTP サーバーなのでメール受信時にサーバーにメッセージを残さないようにする方ができないのでした。

「サーバーにメッセージのコピーを置く」の設定をする必要があるのは、POP3 アカウントの場合です。

つまり、Hotmail は「サーバーにメッセージのコピーを置く」という設定を特にしなくてもそのまま残っているのです。

Windows Live メールで Hotmail の送受信を行うと、自動的にWeb 上と同期を取ります。Windows Live メールで「受信トレイ」に入っている場合は、Web上でも「受信トレイ」に入っています。Windows Live メールで削除して「ごみ箱」に入れた場合は、Web上でもごみ箱に入ります。そして、Windows Live メールでごみ箱からも削除すると、Web 上でも「ごみ箱」から削除されます。つまり、Windows Live メールで「ごみ箱」から削除するとやっとサーバーからメッセージが削除されるわけなのです。

ということで、2台目のパソコンで、Windows Live メールをインストールし1台目と同じ Hotmail アカウントを設定したい場合、「サーバーにメッセージのコピーを置く」という設定をしなくても2台のパソコンで同じメールを管理することができます。

逆に考えると、現在、Windows Live メールに保存してある Hotmail の「受信トレイ」「下書き」「送信済みアイテム」「迷惑メール」「ごみ箱」の中身が2台目のパソコンにも全部ダウンロードされますので、ご注意ください。

Office Live Meeting 2007 のインストール その後

2008年1月30日に「Office Live Meeting 2007 のインストール」で

Windows XP や Windows Vista のログイン ユーザー名に英数文字以外の 2 バイト文字、つまり日本語を使用している場合です。ログイン ユーザー名が日本語になっているとパスが認識できず、インストール用のモジュールが正しく展開できません。そのため、インストールに失敗します。

と紹介しました。

さて、上記ページでコメントを名無しさんからいただきまして、日本語のログインユーザー名でインストール作業を確認してみました。そうしたところ、Windows XP、Windows Vista 共に日本語のログインユーザー名であってもスムーズにインストールできることを確認いたしました。

Windows XP の日本語のログインアカウント名でもインストールできた!

Windows Vista の日本語のログインアカウント名でもインストールできた!

ということで、最新版のモジュールは、日本語ログインアカウントで、インストールしても大丈夫ですよ。

なお、Office Live Meeting 2007 のインストール用モジュールは、Download the Microsoft Office Live Meeting 2007 client よりダウンロードできます。

Windows Live Spaces デザイン変更

Windows Live Spaces で今まで使っていたテーマ「黄色い花の女の子」が何だか暑苦しく感じて来たので、自分で「詳細設定」を使っていろいろ変更してみました。

「背景の色」とか「背景の画像」は、「詳細設定」から簡単に変更できたのですが、どうしても変更できないのが、トップ広告の背景色と Windows Live のアイコンが配置してあるバーの色。

いろいろ変更してみて、何とかできたのが「テーマの変更」で気に入った色合いのを見つけ、そこからカスタマイズしていく方法。

できあがったのは、こんな感じ。

2008年6月のデザイン

今回も Windows Live Writer 最新バージョン公開 で紹介した Windows Live Writer でこの記事を書いています。画像を配置していて気がついたのですが、中央に配置できるようになったのですね。これって、他のブログサービスでもあまりなかったような気がします。

さて、どんな仕上がりになるのかな?と Preview タブを見てみたら・・・
あら!旧デザインでプレビューされてしまいました。これを新デザインにする方法は、メニューバーの View から Refresh Them コマンド。現在公開されている日本語版(Build 12.0)では、「表示」の「ブログ デザインの更新」です。

しかし、さすがは英語版。プレビューさせると英語表記になってしまうのですね。

Windows Live Writer Build 14.0 での Preview

Windows Live Writer 最新バージョン公開

Windows Live Writer の最新バージョン(ベータ版)が、まだ英語版ですが、公開されました。Windows Live Writer チームのブログ「Writer Zone」のTechnical Preview: Now Available for Download でダウンロード可能です。

早速、インストールして使ってみています。英語版ですので操作画面の表示は英語ですが、日本語で文字入力しても問題ないようです。

バージョン情報を確認してみましたら、今まで使っていた Windows Live Writer のBuild が12.0 だったのに対し、いきなり14.0 になっています。

今まで使っていた Windows Live Writer のバージョン情報画面 新Windows Live Writer のバージョン情報画面

編集画面でまず目につくのが、タブがついたことでしょう。編集画面の下部に新たに付いたタブ今までは、ツールバーの「表示」で「標準」「Web プレビュー」「HTML コード」と切り替えていました。それが、編集画面の下部(カテゴリ設定の上)についたタブを切り替えることで、各モードが簡単に表示されるようになりました。

 

後は、ツールバーにメニューバーの項目とダブっていた「表示」「ツール」「ブログ」のコマンドがなくなりました。

新Windows Live Writer のツールバーとメニューバー

また、機能面としては、文字数を数えてくれるようになりました。(コマンドは、メニューバーの「Tools」内)

文字カウントの画面

そして、動画の挿入が、今まで、既にWeb上か Soapbox に置いてあるものしか掲載できなかったのですが、自分のパソコンに保存されている動画をSoapbox にアップしてブログに掲載できるようになりました。

動画の挿入設定画面

画像のテキスト代替えが Internet Explorer 対応の ALTタグだけでなく、Firefox でも表示されるよう TITLEタグも自動的に入りますね。
なかなか、便利になっているようです。

Windows Live Writer でスペルチェック

また、やってしまった。スペルミス。orz

もう、英語なんて嫌いよ~。

とも言っていられないので、今後はスペルミスがなくなるよう、Windows Live Writer でチェックをしてもらうことにしました。

Windows Live Writer でスペルチェックする方法

  1. ツールから「オプション」を開く
  2. 左の項目欄より「スペルチェック」を選択
  3. 全般オプションで必要なものにチェックを付ける
    Windows Live Writer オプションのスペルチェック
    今回、「辞書の言語」に英語(米国)を選択。
    後は「リアルタイムですぺてチェックを行う」「すべて大文字の単語は無視する」「数字を含む単語は無視する」「投稿前にす終えるチェックをする」の全てにチェックを付けました。
  4. 「OK」ボタンでオプションを閉じる

スペルチェックの修正画面以降は、スペルミスが見つかると、赤い波線で教えてくれます。とはいえ、いくつか辞書にも登録。「Firefox」「orz」は、辞書にない単語なので「辞書に追加」しておきました。

Soapbox をフルスクリーンで見たい

Soapbox とは、Microsoft が ポータルサイト MSN の一部として提供される動画コンテンツ共有サイトのことです。Soapbox では、ユーザーが作成した動画ファイルをアップロードすることができ、他のユーザーに広く公開することができます。

参考:Soapboxとは 【Soapbox on MSN Video】 – 意味・解説 : IT用語辞典

私のところでも、Soapbox  で公開しています。(Office Labs の Community Clips
しかし、表示されている画面が小さいので、文字が読みづらいから大きく表示することはできないものか?という質問を受けました。

Soapbox の動画の再生は、フルスクリーン(全画面表示)で視聴することができます。では、そのやり方を紹介しましょう。

まず、Adobe Flash Player を最新のバージョンのものにします。Adobe Flash Player 9.0.115.0 以前では、全画面のハードウェア スケーリングが機能しない可能性がありますので。

Adobe Flash Player ダウンロードセンター

なお、ダウンロードするインストーラーはファイルとして保存せず、そのまま、即インストール作業に入ってください。

特に、Firefox の場合はダウンロード完了後、「ダウンロードマネージャー」で直接「開く」をクリックしてインストールしてください。
Firefoxのダウンロードマネージャ

Soapbox のフルスクリーンモード切り替えスイッチ FLASH Player のインストールが完了したら、後は、Soapbox の画面、右下隅にある「フルスクリーンモード切り替えスイッチ」を押すだけです。動画がフルスクリーン(全画面表示)で再生されることでしょう。元の大きさに戻したい場合は、Esc キーを押します。

「フルスクリーンモード切り替えスイッチ」を押しても、音だけ聞こえて動画が表示されない場合は、FLASH Player がうまくインストールできなかった可能性があります。一旦、FLASH Player をアンインストールして再インストールするなどしてみてください。