Windows Live Writer 最新バージョン公開

Windows Live Writer の最新バージョン(ベータ版)が、まだ英語版ですが、公開されました。Windows Live Writer チームのブログ「Writer Zone」のTechnical Preview: Now Available for Download でダウンロード可能です。

早速、インストールして使ってみています。英語版ですので操作画面の表示は英語ですが、日本語で文字入力しても問題ないようです。

バージョン情報を確認してみましたら、今まで使っていた Windows Live Writer のBuild が12.0 だったのに対し、いきなり14.0 になっています。

今まで使っていた Windows Live Writer のバージョン情報画面 新Windows Live Writer のバージョン情報画面

編集画面でまず目につくのが、タブがついたことでしょう。編集画面の下部に新たに付いたタブ今までは、ツールバーの「表示」で「標準」「Web プレビュー」「HTML コード」と切り替えていました。それが、編集画面の下部(カテゴリ設定の上)についたタブを切り替えることで、各モードが簡単に表示されるようになりました。

 

後は、ツールバーにメニューバーの項目とダブっていた「表示」「ツール」「ブログ」のコマンドがなくなりました。

新Windows Live Writer のツールバーとメニューバー

また、機能面としては、文字数を数えてくれるようになりました。(コマンドは、メニューバーの「Tools」内)

文字カウントの画面

そして、動画の挿入が、今まで、既にWeb上か Soapbox に置いてあるものしか掲載できなかったのですが、自分のパソコンに保存されている動画をSoapbox にアップしてブログに掲載できるようになりました。

動画の挿入設定画面

画像のテキスト代替えが Internet Explorer 対応の ALTタグだけでなく、Firefox でも表示されるよう TITLEタグも自動的に入りますね。
なかなか、便利になっているようです。