IE8 Beta2 では Live Meeting に参加できない?

IE8 Beta2 を早速、インストールしてみています。

さて、「IE8 Beta 2」で見つかった問題点–公開から一夜明け – インターネット – ZDNet Japanで見つけたのですが、

ユーザーから報告された問題のうち最も厄介なのが「Windows Live Meeting 2007」に関連するものだろう。CNET Newsでは、ウェブベース版とクライアントダウンロード版の双方とも、IE8 Beta 2に対応していないことを確認した。またIE8 Beta 2が備える互換性対応機能を使っても、この問題は解決できない。

とありました。

しかし、確認してみたところ、発表者としてならば、IE8 Beta2 で発表者URLを入力して参加できました。

発表者として Live Meeting に参加中

なお、最新のOffice Live Meeting 2007 のインストール用モジュールは、Download the Microsoft Office Live Meeting 2007 client よりダウンロードできます。

Live Meeting ようこそ画面さて、今度は、参加者URLを入力してみました。すると、Live Meeting 2007 は、起動したのですが、「ようこそ」画面になってしまいました。そして、「Live Meetingは終了した。ミーティングの開催者に問い合わせてください」と記載されていました。 確かに、IE8 Beta2 で Live Meeting に参加できませんでした。

でも、すぐに、発表者URLを入力してみると参加できます。

そこで、IE6 と IE7、そして、Firefox3 でも確認してみました。
すると、やはり、発表者URLならば参加できるのですが、参加者URLを入力すると同じように「Live Meetingは終了した」と表示されてしまいました。

この現象は、Live Meeting のサーバー側(でしょうか?)の問題じゃないかと思ったのですがねぇ

Windows Media Player モジュール

自分で作った動画や音声ファイルを Windows Live Spaces の Windows Media Player モジュールに埋め込みたいのです。動画ファイルまたは音声ファイルの Web アドレスを入力するよう促されたのですが、具体的にどうすればいいのでしょう?

まずは、Windows Live Spaces に Windows Media Player が非表示になっている場合は、モジュールを追加して表示させます。

  1. Windows Live Spaces にサインインし、「自分のスペース」を開く
  2. 「デザイン設定」ボタンをクリックし、「モジュールの追加」を選択
  3. 表示された「モジュール」のメニュー内「Windows Media Player」が「表示」となっていたらクリック。
  4. これで、「Windows Media Player」がモジュールとして表示されるので、後は、都合のよい場所に移動し、「保存」ボタンをクリック

モジュールとして追加された Windows Live Spaces 内のWindows Media Player

次に、Windows Media Player モジュールで流したい動画や音声ファイルをWeb上にアップします。

まず、Windows Media Player モジュールで使えるファイル形式は、下記の通りです。

ファイル形式

説明

.asf

Windows Media ファイル

.wma

Windows Media Audio ファイル

.wmv

Windows Media Video ファイル

.wav

Wave Form Audio ファイル

.asx

Audio Redirector ファイル

.avi

Audio Visual Interleave ファイル

.mpg .mpeg .mp3

Moving Picture Experts Group ファイル

.swf

Adobe Flash Player ファイル

さて、ちょっとやってみたのですが、確かに、動画ファイルまたは音声ファイルの Web アドレスを用意するのが人によっては難しいかもしれません。

まず、Windows Live の SkyDrive にアップされているものを使ってみました。しかし、SkyDrive の URL や埋め込み用のURLは、SkyDrive のアップされているページを開かせるもので、ファイルそのものを開いて、Windows Media Player で流れるようにできませんでした。

ストリーミングで流れる形式かな?と思い、MSN ビデオYouTube にアップロードしたファイルを使ってみたのですが、これもうまく行きません。

そこで、Windows Live ヘルプの「スペースで音楽または動画を再生する」で確認してみたところ、こんな風に解説されていました。

Windows Media Player は、MSN ビデオ などのホスティング サイトで使用されている一部のファイル形式をサポートしていません。

MSN ビデオYouTube にアップしたファイルも使えないようです。どうやら、誰でもアクセスできるWeb上のフォルダに生データを保存しないといけないようです。「そこはどこか?」と言うと、自分で作った画像や音声ファイルの場合、自分のWebサイト、もしくは、動画ファイルまたは音声ファイルの保存が許されている自分のブログサービス内のフォルダということになります。

Windows Media Player モジュール再生中の画面 幸いなことに、私は、NIFTY のココログにもブログを持っています。ココログは、Podcast もできますので、動画、音声ファイル共にアップロード可能。そこで、ココログで過去にアップした音声ファイルのURLを入力してみたところ、上手く再生することができました。(「富山弁講座 第12回目」は、2006年の春に作った mp3ファイルで、BGMに使用した曲は、TAM Music Factoryさんの「MP3素材」より「散歩道」です。)

Windows Media Player モジュールで流したいファイルを指定する方法

  1. Windows Live Spaces の「編集モード」にする。
  2. Windows Media Player モジュールの「編集」をクリック
  3. Windows Media Player モジュールの編集ページが開く
  4. 動画ファイルまたは音声ファイルの Web アドレス:欄に Windows Media Player モジュールで流したいファイルのURLを入力
  5. 連続再生する回数を決める
  6. 表示したいボタンを「表示モード」で選択
  7. Windows Live Spaces が表示された途端、自動的にWindows Media Player モジュールが再生されるようにしたい場合は、「スペースが表示されたときに、自動的に動画ファイルまたは音声ファイルを再生する」にチェックを付ける
  8. 設定が完了したら「保存」ボタンをクリック

以上で、Windows Media Player モジュールで指定したファイルが再生可能になります。

一応、自分の Windows Live Spaces の Windows Media Player モジュールで流せるものとして下記のように注意が記載されています。

「他者の創作活動および知的財産を尊重し、許可されていないコンテンツにリンクしないでください。許可されていないコンテンツにリンクすることは、Windows Live の使用条件に違反します。」

自分で作ったファイルであれば大丈夫ですが、よそ様が作ったもので、Web上で流してもいいと許可されていないファイルを勝手に流すことはできません。その辺のことによく気を付けて、お使いください。

Windows Live Messenger のリモート アシスタンス

Windowsには、遠くに離れた人にパソコンの使い方を教えてもらうのに便利なリモート アシスタンスというシステムがあります。しかし、このシステムを[スタート]メニューの「すべてのプログラム」内から起動させて使うのは、少し面倒なのです。

ところが、Windows Live Messenger を使うと簡単にリモート アシスタンスに招待できるのが分かりました。なお、リモート アシスタンスは、Windows Vista のどのエディション同士でも、XP同士でも、そして、XP から Vista 、Vista  から XP でも使用可能です。パソコンの操作方法に不安を感じた時、Windows Live Messenger を使ってサポートしてもらうと便利でしょう。

ただし、むやみやたらと見ず知らずの人にリモート アシスタンスを使って助けてもらうということはしない方が無難です。リモートアシスタンスで招待した相手は、あなたのパソコンのファイルや個人情報にアクセスできるようになります。これは、非常に怖いことです。招待をする相手は、信頼できる人にしましょう。

Windows Live Messenger でリモート アシスタンスに招待する

  1. Windows Live Messenger を起動し、オンライン状態でサインインします。
    なお、リモート アシスタンスに招待する相手も Windows Live Messenger にオンライン状態でサインインしている必要があります。時間を決めておくといいでしょう。
  2. オンライン状態になっている相手の「インスタント メッセージ送信」画面を開きます。
    「インスタント メッセージ送信」画面
    何か会話をしておくと良いでしょう。
  3. マウスで押さえると「アプリの一覧を表示します」というアイコンをクリック。
    メニューが開くので「リモート アシスタンスに招待」をクリックします。
    image
  4. すると、チャット画面に
    リモート アシスタンスに招待しました。返答を待つか、キャンセル(Alt+Q)を選んでください。 と表示されますのでしばらく待ちます。
  5. 相手のチャット画面には、
    リモート アシスタンスを使用してコンピュータどうしの接続に招待しています。招待を承諾(Alt+C)しますか?それとも、辞退(Alt+D)しますか? と表示されています。
    相手が承諾をクリックするか、Alt+C キーを押すと承諾されます。
  6. 相手が承諾すると、今度は、チャットの画面に招待者の名前で「リモート アシスタンス への招待を承諾しました。」と表示されますので、再びしばらく待ちます。
  7. しばらくすると、リモート アシスタンスの「相手が許可した」というメッセージ画面が開きます。こちらも「はい」をクリックして許可します。お互いが接続を許可すると、相手にあなたのパソコンの画面が見えるようになります。
    相手が許可したと知らせるメッセージ画面
  8. 後は、相手の指示に従ってサポートを受けましょう。

参考:Windows XP Professional : 機能別紹介 – リモートアシスタント

2011年3月18日 追記:
上手くリモート アシスタンスの招待が送れない場合は、Windows Live Messenger のリモート アシスタンスで招待ができない場合をご参照ください。

2011年3月19日 追記:
Windows 7とXP間でリモート アシスタンスを使いたい場合は、Windows 7 と XP でリモート アシスタンスを利用するには?をご参照ください。

Windows Live メールのHTML形式で引用符を付けたい

Windows Live メールを使っています。テキスト形式の返信時には引用符(>)が付くのですが、HTML形式の返信だと引用符が付きません。HTML形式でも縦棒の引用符が付く方法を教えてください。

「HTML形式でも縦棒の引用符」ということは、HTML形式のメールをそのままHTML形式で返信したいということですね。それでは、下記のようにして、設定を確認してください。

  1. Windows Live メールを起動
  2. 「ツール」-「オプション」の「送信」タブを開く
  3. 「受信したメッセージと同じ形式で返信する」にチェックが付いているか確認
  4. 「メール送信の形式」にある「HTML 形式の設定」ボタンをクリック
  5. 「HTML 形式の設定」画面が開くので「返信時にメッセージをインデントする」にチェックを付ける。
    「HTML 形式の設定」画面
  6. 「OK」ボタンを押して、開いた各ウインドウを閉じる。

IE8 ベータ版で Hotmail その後

2008/03/07 に IE8 ベータ版 で Hotmail で IE8 でHotmail のページへサインインしても、「処理中です。お待ちください」と表示されたままいつまで待っても表示されないことを紹介しました。

これを解決する方法は、IE8 で Emulate IE7 を有効にするか、IE8 で Windows Live Hotmail を切り替えてみる で紹介した方法で「拡張バージョン」から「標準バージョン」に切り替えることでした。

IE8 でも Hotmail の拡張バージョンが表示された さて、久しぶりに確認してみたところ、Emulate IE7 を有効にせずとも、拡張バージョンの Hotmail ページがきちんと表示されるのに気がつきました。

特に何もせずとも、開くようです。

なお、いつ改善されたのかは、ちょっとわかりませんでした。ただ、2ch で 2008/06/07 に「LiveHotmailが読み込まない」という書き込みがありますので、それ以降だと思われます。