Windows Live メールの「送受信」ボタンは?

新しくなった Windows Live アプリケーションで一括インストールされましたので、確認してみています。

まずは、Windows Live メールから。

ところで、「送受信」ボタンが見当たりません。ショートカットキーだと「送受信」は、Ctrl+M キーのはずなのですが、それも上手く行きません。

一つずつアイコンを確認してみましたら、送受信は「同期」だと言うことがわかりました。

Windows Live メールの送受信は「同期」

えぇ~!と思いまして、急遽、英語版をインストールして確認してみました。

今まで、送受信は、[Send/Receive] と言う表記でした。「同期」となると・・・

英語版の Windows Live Mail

やっぱり、[Sync] と表記されています。

これは、ちょっとわかりづらいですが、どうぞ、ご注意ください。

この続きは、Windows Live メールで「送受信」でどうぞ。

新しくなった Windows Live アプリケーション

Windows Live は、Web上だけでなく、デスクトップ アプリケーションも新しくなっていました!

誰よりも早く!Windows Live!

私は、Windows Live のデスクトップ アプリケーションで、メールと Writer、そして、Messenger を使っています。前回、新しい Windows Live アプリに気がついたのは、2008年9月18日。Windows Live Writer 最新 Beta版 公開で紹介しています。あれから、どんな具合になったのでしょう?!

早速、ダウンローダーを使って、インストールしてみました。

新しくなった Windows Live アプリケーションのアイコンまず、気がついたのは、各アプリのアイコンが新しくなっていること。

何でしょうね。このオレンジ色の波印は?

続いて、各アプリのバージョン情報を見てみました。バージョンは、14.0 。しかも、Beta という表記が見当たりません。なお、ビルドは、5027 から 8050 になっていました。

旧 Windows Live メール Beta Build 14.0.5027.0908新 Windows Live メール Beta Build 14.0.8050.1202

旧 Windows Live Messenger Beta Version 2009 Build 14.0.5027.908新 Windows Live Messenger Version 2009 Build 14.0.8050.1202

旧 Windows Live Writer Beta Build 14.0.5025.904新 Windows Live Writer Build 14.0.8050.1202 ja

試しに、新しくなった Windows Live Witer でこの記事を書いてみています。しかし、まだ、特に変わったという感じはありません。何か気がついたら、また紹介しましょう。

Windows Live フォト ガジェットを使ってみた

2008年12月16日にWindows Live フォト ガジェットの提供開始で紹介した「Windows Live フォト ガジェット」を早速使ってみました。

Windows Live フォト ガジェット でインストール後、Windows Vista のデスクトップにある「Windows サイドバー」にガジェットとして配置し、使います。
ガジェット追加画面

Windows Live フォト ガジェットの使い方

  1. Windows サイドバーに Windows Live フォト ガジェットをマウスでドラッグして配置
  2. 「使ってみる」ボタンをクリック
    未設定のWindows Live フォト ガジェット
  3. Windows Live フォト ガジェットのサインイン画面サインインの画面が開くので、自分の Windows Live IDとそのパスワードを入力。「サインイン情報の保存」にチェックを付けるとWindows が起動すれば自動的にサインインするので便利でしょう。
  4. 入力し終えたら「サインイン」ボタンをクリック。
  5. サインインが完了すると Windows Live でつながりのある人からの写真に関する更新情報が配信されてきました。
    この更新情報は、リアルタイムとのことですのです。「その写真が見たい!」と思ったら、その項目をクリック。ブラウザが起動して、その方のWindows Live プロフィールページが開きますので、写真を閲覧することができました。
  6. 自分の Windows Live 上に公開した写真を閲覧したい場合は、「アルバム」タブをクリック。
    Windows Live フォト ガジェットの「アルバム」タブWindows Live フォト ガジェットの表示が「更新情報」から自分の「フォト」のフォルダに変わります。写真フォルダが複数ある場合は、左右の▼ボタンで選択可。見たい写真フォルダが見つかったら、画面にマウスポインタを持って行くと「アルバム詳細」と「スライドショー」が表示されます。これで、閲覧可能でした。
  7. 写真を Windows Live上の写真フォルダに追加したい場合は、Windows Live フォト ガジェット上に写真をドラッグして持って行きます。「新しいアルバム」を作成すると「ドラッグして写真を追加」と表示されますが、表示されていなくても大丈夫でした。
    もしくは、「アルバムの詳細」をクリックし、表示された画面の「写真の追加」をクリック。この画面から写真の保存されているフォルダを指定して選択してください。
    ドラッグして写真を追加 「写真の追加」ボタンフォルダから写真を選択

ところで、Windows Live フォト ガジェットは、「Internet Explorer 7のみ対応」とのことですが、IE8でも使えました。しかし、「アルバムの詳細」の「写真の追加」をクリックしたら Windows Live フォト ガジェットが終了してしまいました。IE8では、この部分が対応できない模様です。

IE8 で写真をアップロードしたい場合は、先に紹介した Windows Live フォト ガジェット上に写真をドラッグする方法で行ってみてください。

さて、写真データが保存される場所は、自分の Windows Live SkyDrive 内です。2008年2月にWindows Live SkyDrive 公開 で紹介した当初、保存容量は5GBまででしたが、2008年12月現在、25GBまで保存か可能になっています。しかも、無料!これによって、かなり大量に写真を保存しても平気になりましたよ。