広告

XP での Windows Live メール Ver.2009

「新しいバージョンが利用できます」と表示されてで、私の Windows XP SP3 は、Windows Live Messenger と一緒に Windows Live メールも最新の Version 2009 (Build 14.0.8064.0206)になりました。
Windows Live メールのバージョン情報

今まで、Windows Vista で主に使っていた Windows Live メール。Windows XP で見てみると何だか変です。

まず、私の XP のモニタは、1024×768 ピクセル。Vista が 1280×800 ピクセルで横長なのに対して、XPは、横幅があまりありません。ということで、XP の Live メールでは、メールのプレビュー ウィンドウをメッセージ一覧の下に表示させています。

Windows Live メール Ver.2009 のメッセージ一覧

上記画像、見ていただけるとお分かりかと思いますが、「差出人」欄に表示されている文字の色に比べると、「件名」「受信日時」の色はグレーで薄いです。

Vista で表示させても、確かに同じようにグレーで表示されて薄いのですが、「メッセージ一覧の右側に表示する」にしてしまっているので、あまり気にしていなかったのです。

何とか、Windows Live メールを Version を2008にできないものでしょうか?

探してみたところ、旧バージョンは、Windows Live メール (version 2008) でダウンロード可能でした。しかし、これをインストールしようとしましたら、Windows Live インストーラーのエラーメッセージが表示され「インストール中に問題が発生しました」となって、インストールできませんでした。
Windows Live インストーラーのエラーメッセージ

どうしても、旧バージョンに戻したい場合は、「プログラムの追加と削除」から「Windows Live おすすめパック」の「変更と削除」をクリックして、「アンインストール」を実行し、現在、インストールされている Windows Live のプログラムを全て削除しなければなりませんでした。

そして、Windows Live のアプリケーションは、単体でバージョンアップ、バージョンダウンすることはできません。行うときは、全部まとめてになります。

アンインストール後、念のため、パソコンを再起動してからWindows Live メール (version 2008) でダウンロードしたファイルを実行。懐かしい、旧タイプのインストーラーが起動。インストールしたい項目を選択して、「インストール項目として追加」をクリックすると作業が始まります。
旧タイプの Windows Live インストーラー 
なお、このタイプのインストーラーは、よくダウンロードに失敗します。インストーラーファイルをデスクトップ上に保存して、何度かインストール挑戦してみてください。

インストール完了後は、Ver.2008 Build Build 12.0.1606 に戻りました。

Ver.2008 Build 12.0.1606

なお、Windows Live メールの設定を再度しないといけないかな?と思ったのですが、そんなことはありませんでした。アンインストール直前の設定がそのまま、引き継がれていました。

Windows Live メール Ver.2008 のメッセージ一覧

旧バージョンに戻ったので、グレーで色の薄かったメール一覧の「件名」 や「受診日時」も黒文字になりました。

ということで、Windows XP でWindows Live のアプリケーションソフトをバージョンアップする際は、ご注意ください。

広告

「新しいバージョンが利用できます」と表示されて

久しぶりにひらいた 私の Windows XP。

これまた、久しぶりに Windows Live Messengerを起動させてみたら、
新しいバージョンの Messenger をご利用いただけます。今すぐインストール
と表示されました。

Live Essentials の「更新プログラムの確認」で、Windows Live 製品のバージョンアップについて少し紹介しました。あの時は、「更新プログラムの確認」は「今後の更新プログラムは Microsoft Update から入手できます。」となっているけど、実際にはできなくて、何だかよくわからないバージョンアップ方法でした。

それでは、このお知らせからバージョンアップするとどうなるのか、確認してみました。

まず、青い文字列の「今すぐインストール」をクリックすると
新しいバージョンの Messengerをダウンロードできます。インストールしますか? 
という確認メッセージが開きました。「はい」が選択されているのを確認後、「OK」をクリック。

サービス利用規約が表示されました。
サービス利用規約
「同意する」をクリック。

インストールする製品を選択。
インストールする製品を選択
既に入っている製品は、自動的にバージョンアップされるようになっています。まだ、インストールされていない製品を今回インストールするかどうか選択します。

選択後、「インストール」ボタンを押してインストール開始。何か指示があった場合は、従います。

程なく、バージョンアップされました。

結局、Windows Update の更新プログラム配信とは関係ないようですね。しかも、お知らせを表示してくれるのは、Windows Live Messenger のもよう。これからも、ちょっと気をつけてみていましょう。

Live Messenger でチャット中、日本語入力が急にできなくなった!

Windows XP SP2/SP3 で 最新バージョンの Windows Live Messenger (Ver.14)を使っていると、チャット中、急に日本語入力ができなくなってしまうことがあります。

再現方法

  1. Windows Live Messenger で任意の知り合いを選択し、ダブルクリックしてチャット ウィンドウを起動する。
  2. チャット ウィンドウが開いたら、IME をオンにして日本語でチャット開始。
    この時点では、適切に日本語で文字入力できます。
  3. Windows Live Messenger から別のウィンドウに切り替える。
  4. その後、Windows Live Messenger のメイン ウィンドウだけを閉じる。
  5. チャット ウィンドウに戻って、日本語でのチャットを継続しようと思うのですが…
    日本語入力ができなくなっていて、アルファベットのみの入力になってしまいます。IMEをオンにしようと思うのですが、切り替えられません。

この問題を解決するには、Windows XP 用更新プログラム (KB961503) をインストールしてみてください。

参考:Windows XP ベースのコンピュータでは Windows Live Messenger で英語以外の IME (Input Method Editor) を使用すると、適切に文字を入力できない

Windows Live Web Messenger 提供開始

ネットカフェや旅先のホテルなどでも、ブラウザーさえあれば、いつでもどこでも Windows Live Messenger ができてしまう!という Windows Live Web Messenger が利用できるようになりました。

参考:
Windows Live Tips ~ご利用のヒント~:[Messenger、Hotmail] 新サービス:Web Messenger の提供開始

Windows Live Web Messenger の機能は、Web ページの Hotmail の「受信トレイ」や「Today」、「知り合い」のページ上に表示されるMessenger ボタンをクリックすると利用できるようになっていました。

Messenger ボタンをクリックしたところ

Messenger がオンラインになったMessenger にサインインすると表示が右記のようにオンラインに変わります。すると、Windows Live Messengerを起動している友達のところに Web Messenger でサインインしたという知らせが行くのでした。後は、通常の Windows Live Messenger と変わりませんでした。オンラインになっている友達へのインスタントメッセージが送信できました。

ただし、サインインしていても Hotmail の「受信トレイ」や「Today」、「知り合い」ページ以外のページに移動してしまうと、自動的にオフラインになってしまいます。

でもこれで、Windows Live Messenger がインストールされていないパソコンでも手軽に インスタント メッセージの送信ができるようになりますね。

Windows Live メールを常駐させておく方法

Windows Live メール 2009 を起動させると、通知領域にアイコンが置かれます。そこをちょっと触っているうちに面白いコマンドがあるのに気がつきました。Windows Live メール 2009を常駐させておけるのです。

※Windows Live メール 2011以降は、できません。

  1. Windows Live メール 2009を起動
  2. 通知領域にある Windows Live メールのアイコンを右クリック
  3. 表示されたメニューから「最小時にウィンドウを非表示にする」を選択
    image

以上で準備完了です。Windows Live メールの「最小化」ボタンをクリックします。すると、Windows Live メールは、タスクバーに表示されないのですが、通知領域にアイコンだけが残ります。初回は下記の「Windows Live メールは実行中です」というメッセージが開きます。

「Windows Live メールは実行中です」のメッセージ [最小時にウィンドウを非表示にする] チェックボックスがオンになっています。受信トレイが最小化されているときに、このアイコンをダブルクリックすると、ウィンドウを元のサイズに戻すことができます。

なお、このメッセージは、クリックすれば消えます。

こうしておけば、Windows Live メールを開きたくなったら、通知領域のアイコンをダブルクリックするだけで簡単に開くことができまし、アイコンを右クリックして開くメニューを利用してメールを作成したり、予定をカレンダーに書き込むことも可能です。

なお、「クイック起動」の「デスクトップの表示」や デスクトップを表示するショートカット キーの Win+Dでも、タスクバーに表示されずに通知領域のアイコンのみになります。どうぞ、ご留意ください。

Windows Live メールで「カレンダーの更新」がエラーになる

Windows Live メールを使っていて、「すべての同期」(Ctrl+F5 キー)を実行すると、ステータスバーに「カレンダーを更新」と表示されたまま、動きが悪くなることがあります。

Windows Live メールのLive メールのステータスバー

そして、最終的には、「Windows Live カレンダー サービスに接続しようとしているときにエラーが発生しました。問題が継続する場合は、Windows Live メールの更新プログラムが利用可能かどうか確認するか、サポートまでお問い合わせください。」というエラーメッセージが表示されます。

Windows Live メールのエラーメッセージ 「Windows Live カレンダー サービスに接続しようとしているときにエラーが発生しました。問題が継続する場合は、Windows Live メールの更新プログラムが利用可能かどうか確認するか、サポートまでお問い合わせください。」

この現象は、どうも、Windows Live メール起動後、2回以上の「すべてを同期」を行うと発生するもようです。

起動後、初めての「すべてを同期」を実行しても発生すると感じる場合。Windows Live メール起動直後、ステータスバーをよく観察してみてください。「同期」や「すべて同期」をまだ実行していないのに、自動的に「メールのメールをチェックしています」と表示されていませんか?

Windows Live メールの初期設定では、起動後、自動的にメールの送受信をしてくれるよう設定されています。これが、「すべての同期」として動作しているもようです。Windows Live メール起動時に「すべての同期」の1回目が完了していますので、ユーザーが手動でおこなう「すべての同期」は初回のつもりでも2回目になってしまいます。このため、2回目の「すべての同期」となりカレンダーの更新で不具合が発生するもようです。

また、Windows Live メールを起動し、30分ぐらいすると、同様のエラーが表示されると言うことがあります。これも、Windows Live メールの初期設定で、30分おきにメールをチェックするよう設定されているからです。

ということで、Windows Live メール起動時に「すべての同期」が完了しているのです。次は、メールの送受信が出来れば良いということならば、「同期」(F5 キー)を実行すればいいと思います。

しかし、どうしても、不都合だと思う場合は、下記のようにして設定を変更してみてください。

  1. Windows Live メールの「メニュー」アイコンから「オプション」を選択
     「メニュー」アイコンから「オプション」を選択
  2. 「オプション」が開きますので、「全般」タブを開きます。
  3. 「メッセージの送受信」に「起動時にメッセージの送受信を実行する」のチェックが付いていることでしょう。このチェックをはずします。これで、Windows Live メール起動時に「すべての同期」をしなくなります。
    また、初期設定では、30分以上 Windows Live メールを起動させていると、自動的に「すべての同期」が始まります。これも不都合な場合は「新着メッセージをチェックする」のチェックをはずします。
    オプションの「全般」タブ
  4. 「OK」ボタンをクリック

以上で、Windows Live メール起動時、自動的にメールの送受信はおこなわれません。以降は、「手動でメールの送受信をする」ということで「同期」(F5 キー)を実行してみてください。そして、「すべての同期」(Ctrl+F5キー)は、メールの送受信だけではなく、カレンダーも一緒に同期を取りたい場合だけ、しかも、Windows Live メール起動後1回だけ使った方が無難でしょう。

なお、フィードにRSS フィードを仕掛けている場合は、「同期」とは関係ないようです。Windows Live メールを起動すれば、「RSS フィードの管理」で設定しているスケジュールで自動的に受信するもようです。

2009年4月22日 追記:
2009年3月17日にこの現象は、Windows Live Mail チームによって修正された模様です。
Windows Live Mail:Calendar Update!より

Syncing Calendar:

No more super-high CPU usage!  You will no longer see errors resulting from a high CPU usage for the couple of minutes after the calendar sync.  Also, you’ll also see fewer error messages in general – we fixed some issues with checking for new calendar updates and meeting requests.

2016年8月10日:追記
Windows Live メール でHotmail といったMicrosoftのWebメールは利用できなくなりました。「カレンダー」のエラーも同様です。詳細は、Windows Live メールで送受信できない でご確認ください。