広告

インライン写真のプレビューアーの有効化

Windows Live Spaces を使っている方々の記事で写真や画像をクリックすると、ポワンと浮かび出てくるタイプがあるのに気がつきました。

こんな感じで浮かび上がります。
(実際にクリックしてみてください。浮かび上がります。浮かび上がった画像を閉じる場合は、右下の「閉じる」をクリックします)
ブログ記事中に浮かび上がる画像 

これは、Windows Live Writer を使うとできることがわかりましたので、紹介しましょう。

  1. Windows Live Writer を起動
  2. 画像を挿入するか、もしくは、キャプチャーして貼り付ける
  3. 記事中に挿入した画像をクリックして選択し、「画像」の作業ウィンドウの「画像」タブを開く
  4. 「リンク先」を「ソース画像」にする
    リンク先を「ソース画像」にする
  5. 「オプション」ボタンをクリック
  6. 「ソース画像のオプション」が開くので「インライン写真のプレビューアーの有効化」にチェックをつけ、「OK」ボタンをクリック
    「ソース画像のオプション」画面

以上で設定完了。記事中では、画像のサイズを少し小さめに設定して、クリックすると「元のサイズ」で表示されるよう設定すると良いでしょう。

後はいつも通りに Windows Live Spaces へ投稿します。

「ココログ」での「ソース画像のオプション」なお、私のもう一つのブログ「ココログ」でも、できないのかな?と思って確認してみました。すると、「ソース画像のオプション」に「インライン使用のプレビューアーの有効化」が表示されませんでした。

この機能は、ブログ内で、Lightbox などの画像ビューアーが使用できるようになっていないと使えないもようです。

広告

Windows Live FrameIt サービス提供開始

Microsoft Windows Live が面白そうなサービスを始めたとのことです。

Windows Live FrameIt Beta

デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真、ニュース、天気予報といったオンラインコンテンツを、パソコンだけではなく、デジタルフォトフレームなどの機器へも手軽に転送できる無料の新サービスです。

参考:「Windows Live(TM) FrameIt」サービス提供開始

無線LANを使って、オンライン経由で遠隔地にあるデジタルフォトフレームに撮影した写真やブログの更新情報、最新のニュースといったコンテンツを表示させるというこのサービス。パソコンのない部屋でも手軽に情報を受けることができて、楽しそうです。

なお、Windows Live FrameIt に対応した機器は、今後、日本国内でも順次発売予定とのことですが、既に販売中の機器についても、ファームウェアのアップデート により対応するとのことです。