広告

Windows Live メールでメールを書くと赤い線が入る

Windows Live メールでメール本文を書いていると、下記のように赤い波線が入ることがあります。

Windows Live メールでメール本文を書くと赤い波線が入る

赤い波線が付いたところには、半角英数字の部分が含まれていることでしょう。これは、スペル チェックをされているのです。半角英数字の単語の前後に半角スペースを入れると表示されなくなるでしょう。それでも、赤い波線が出た場合は、スペルが間違っていると疑ってみてください。

半角英数字が含まれている部分に半角スペースを入れてみた

なお、上記画像は、私がデモで作った画像です。赤い波線が入ったメールを送っても、相手には、赤い波線が入ったまま届きませんので、ご安心ください。

しかし、日付の半角数字に赤い波線が入るのは、何ともはや。

「スペル チェックをする必要はありません。この赤い波線は邪魔です。」と感じる場合は、メール本文を書いている最中にスペル チェックをするのを止めてしまいましょう。

下記のようにして、設定を変更してみてください。

  1. Windows Live メール で Alt キーを押して、メニューバーを表示させます。
  2. メニューバーの「ツール」-「オプション」と進みます。
  3. 「オプション」が開いたら、「スペルチェック」タブを開きます。
  4. 「設定」の「入力中にスペル チェックをする」のチェックを外します。
    オプションの「スペルチェック」タブ
  5. 「OK」ボタンをクリック。
  6. Windows Live メールをいったん終了し、再起動します。

これで、半角英数字交じりのメール本文を半角スペースなしで書いても、赤い波線は入らないことでしょう。

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。