Windows Live Solution Center 開設

Windows Live 製品のサポート情報を集約したコミュニティーサイト「Windows Live Solution Center」が開設されました。

Windows Live 製品に関する Microsoft からの情報を探したり、フォーラムへ質問を投稿したり、はたまた、他のユーザーの質問へ回答することもできますよ。

今まで、Windows Live 関係の問題は質問をするところがなかったですからね。これは、大いに利用せねば!

追記:
この記事のコメント欄を利用して自分の困った現象を質問される方がいらっしゃいますが、ブログ内で質問されても原則、お答えしていません。Windows Live に関する質問は、「Windows Live Solution Center」をご利用ください。そして、Windows Live 関連にサインインできないといった障害情報に関しては、Windows Live のサービスの状態でご確認ください。

2012年3月29日 追記:

Windows Live Solution Center が Microsoft Answers へ移行しました。

Windows Live メールでアクセス済みURLの色が変わらない

Windows Live メールを使い始めました。ところが、Windows Live メールでは、メール本文やフィード内に記載されているURLへアクセスしても、URL文字列の色が青いままで変わりません。Outlook Express を使っていたときは、アクセス後、紫色に変わったのですが。Windows Live メールでは変わらないのでしょうか?

そのURLやリンク項目へ過去にアクセスしたことがあるかないかの判断をリンク項目の文字列の色でされている方は多いですね。このリンク項目の色は、「インターネット オプション」の「全般」タブ内にある「デザイン」の「色」で設定されている色で表示されます。

下記は、Internet Explorer 8の場合の「デザイン」の「色」です。Internet Explorer 8で実際にどんな色に設定されているかを確認するには、「Windows の色を使用する」についているチェックを外すとわかるでしょう。

 IE8の「インターネット オプション」-「全般」タブ内にある「デザイン」の「色」で「Windows の色を使用する」のチェックをはずしたところ

上記画像のように設定されている場合、該当URLにまだアクセスしたことがない場合は「未表示」の「青」で表示され、アクセスしたことがある場合は「表示済み」の「紫」で表示されます。

※そのWebページで独自の色を使って表示させている場合は、この色の設定が有効にならないWebページもあります。

このリンク文字列の色は、Internet Explorer だけでなく、メールソフトでも有効です。

ところが、「未表示」の色の文字列のままで、何度アクセスしてみてもURLの文字列が変わらないという場合。

 ここの URL がメール本文中に記載してある何度も表示したことがあるのに「未表示」の色のまま

下記のように設定を変更してみてください。

  1. Windows Live メールを起動する
  2. Alt キーを押して、メニューバーを表示する
  3. 「ツール」-「オプション」とクリック
  4. 「オプション」が開くので「読み取り」タブを開く
  5. 「メッセージの読み取り」内にある「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックが付いていることでしょう。このチェックを外します。
    image
  6. 「OK」ボタンをクリックして「オプション」を閉じます。

以上で現象が解消したかどうか確認します。

設定変更後は、URL の文字列が変化するようになった

なお、この現象の解消方法は、Windows Live メールだけでなく、Outlook Express や Windows メールでも同じです。

Windows Live 製品のアンインストールの仕方

Windows Live の Windows Live Messenger だけをアンインストールしたいのですが、どうしたら良いのでしょう?

Windows Live Messenger のアンインストールも「コントロール パネル」の「プログラムのアンインストール」からアンインストールします。

ところで、Windows Live Messenger をインストールした際、「Windows Live おすすめパックのダウンロード」を使ってインストールしたことと思います。それを使うと、Windows Live 製品が複数インストールできたことでしょう。

ということで、アンインストールする際も「Windows Live おすすめパック」を使います。それでは、Windows 7での画面になりますが、説明しましょう。

  1. 「コントロール パネル」の「プログラムのアンインストール」を開きます。
  2. 一覧の中に「Windows Live おすすめパック」が見つかることでしょう。選択します。
    「プログラムのアンインストールまたは変更」 
  3. すると、コマンドバーに「アンインストールと変更」が表示されますので、クリックします。
    「Windows Live おすすめパック」を選択するとコマンドバーに「アンインストールと変更」が表示される 
  4. 「お使いの Windows Live プログラムのアンインストール、または修復」が表示されますので、「アンインストール」を選択して「続行」をクリックします。
    「お使いの Windows Live プログラムのアンインストール、または修復」 
  5. 「アンインストールするプログラムの選択」画面が表示され、現在インストールされている Windows Live 製品が表示ます。ここで、アンインストールしたい Windows Live 製品を選択します。
    Windows Live Messenger の場合は、「Messenger」を選択しましょう。
    「アンインストールするプログラムの選択」 
  6. 後は、「続行」をクリックしてアンインストールします。
  7. 「完了しました」と表示されたら「閉じる」ボタンをクリックします。
    「完了しました」