広告

Windows Live メール 2010 Beta を使ってみて(2)

Windows Live メール 2010 Beta を使ってみての続き。

気になる部分がいくつかあります。

先に、「今のところ変更不能な部分」として

  • 「署名」が「既定の署名」に設定されているものしか挿入できない
    メールの署名を複数登録していても、「既定の署名」に設定している署名しか挿入できませんでした。

と紹介しましたが、その他にもこんな現象があります。

  • テキスト形式で返信しても引用符が付かない
  • メール本文中に Unicode の文字が含まれていても警告してくれない
    従来の Windows Live メールでは、メール本文中に何らかの Unicode 文字が含まれている場合、下記のような「メッセージの文字セットの競合」メッセージを表示してくれました。
    従来の Windows Live メールの「メッセージの文字セットの競合」メッセージ
    これによって、メール本文内に Unicode の文字があるとわかったものでした。

    しかし、Windows Live メール 2010 Betaでは、このメッセージが表示されませんでした。しかも、エンコードを「日本語JIS」に切り替えても、勝手に「Unicode(UTF-8)」に変更し、送信してしまいました。

  • メール本文中に「~」が含まれているとエンコードが「Unicode(UTF-8)」になる
    メール作成時にエンコードが「Unicode(UTF-8)」になっているのに気がつきました。特に、Unicode の記号は使っていません。「どの字だろう?」とじっくり探してみましたら、~ でした。この ~ がメール本文中に含まれていると、エンコードが「Unicode(UTF-8)」になってしまいます。

エンコードが「Unicode(UTF-8)」になってしまう件は、Outlook で Unicode 形式での送信をやめる方法で紹介しました。パソコンでメールを見る場合には問題ありません。私の場合は、Unicode に未対応の携帯電話で転送して見る際、文字化けしてしまって弱るのでした。

この続きは、Windows Live メール 2010 Beta を使ってみて(3)でどうぞ。

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

One Response to Windows Live メール 2010 Beta を使ってみて(2)

  1. ピンバック: Windows Live メール 2011の「テキスト形式」で返信すると引用符が付かない « Windows Live 検証の館

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。