広告

Windows Live メール 2011 Beta について

2010年6月に Windows Live メール 2010 Betaをインストールして、下記のように8つほど、使い心地や不具合を紹介しました。

さて、これらの現象、Windows Live メール 2011 Beta ではどうなったでしょう?

確認してみたところ、Windows Live メール 2011 Beta で解消されたのは下記の3つ。

  • メールの「署名」に改行が入らなかった件
    Windows Live メール 2010 Betaの「署名の編集」欄で各行の行末に改行タグ<br>を入れていた場合は、削除してください。
    なお、署名が1行になってしまう場合は、Windows Live メール 2011の署名が改行されないをご参照ください。
  • URLをメール本文に張り付けるとハイパーリンクのタグごと貼り付けられる件
  • 「メッセージの作成」画面でのフォントサイズが小さかった件
  • プレビュー ウィンドウを非表示に設定してあると、初回の「メッセージ作成」画面でメール本文に日本語入力できないという現象は、2011 Beta でも引き続き大丈夫でした。

しかし、下記の5つは解消されていませんでした。

  • 1つのメールアカウントで1つの署名しか挿入できない
  • 「メッセージの作成」画面でのフォントサイズはWindows Live メール 2009の時のようなサイズで表示されるようになったが、フォントサイズを調整することはできない
  • メール本文中に「~」が含まれているとエンコードが「Unicode(UTF-8)」になって送信される
  • 半角カタカナをメール本文中に使っていても、半角カタカナのままエンコードが「Unicode(UTF-8)」になって送信される
  • 「テキスト形式」で1行が全角39文字で送信すると余計な改行が入る
広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。