広告

Windows Live メール 2011のマルチユーザー機能は?

このたび、Windows XP から Windows 7に乗り換えました。XP の頃は、メールソフトに Outlook Express を使っていました。Windows 7 にOutlook Express はないとのことで、Windows Live メール 2011を使ってみました。我が家では、家族で1台のパソコンを使っています。Outlook Express の時は、「ファイル」の中にあった「ユーザーの切り替え」で使いたいユーザーごとに切り替えていました。しかし、Windows Live メール 2011 には、「ファイル」がありません。そこで、Windows Live アカウントを使ってサインインしてみました。自分のアカウントがフォルダーウインドウに表示されました。しかし、サインアウトしても消えません。慌てて、フォルダーウインドウから自分のアカウントを削除したところ、今度は、サインインしてもアカウントが表示されなくなりました。どうしたら、ユーザーごとに切り替えることができるのでしょう?

ちょっと、勘違いされたようです。

この件は、Windows Live メールのマルチユーザー機能は? で紹介しましたが、Windows Live メール にマルチユーザー機能はありません。

参考:1 台のコンピュータで複数のユーザー用に Windows Live メールを設定する

ということで、Windows Live メール 2011でも、ユーザーの切り替えができません。

確かに、Windows Live メール 2011では、@hotmail.co.jp や @live.jp と言ったアカウントで初めてサインインすると、自動的にアカウントが登録されます。しかし、Liveメールからサインアウトしても、そのアカウントは、「フォルダーウィンドウ」から消えません。「フォルダーウィンドウ」からユーザーが手動で「アカウントの削除」をしないと消せません。そして、いったんアカウントを「フォルダーウィンドウ」から削除してしまうと、今度は、サインインしても「フォルダーウィンドウ」にそのアカウントは表示されません。

Windows Live メール にサインインして切り替えられるのは、「アドレス帳」と「カレンダー」だけです。メールのフォルダーウィンドウの切り替えはできません。

Windows Vista 以降から、パソコンのセキュリティ上、パソコンへのログインに対する考え方が違ってきています。Windows XP までは、まだ「1つのログインアカウントで複数の人がパソコンを利用する」と言う考え方が少しありました。よって、Outlook Express で「マルチユーザー機能」が使えたわけです。しかし、これからは、そのパソコンを利用する人、それぞれのログインアカウントを作ってから、パソコンにログインするようにしてください。

新しくログインアカウントが出来上がったら、Outlook Express を開き、「アドレス帳」「電子メールアカウント」「メッセージ」をそれぞれエクスポートします。出来上がったファイルは、Windows Live メール搭載機へ移しインポートします。
インポートの方法は、とりあえず、OE で使っていたアドレス帳を Windows Live メール 2011で使いたいWindows Live メール 2011 ではどこからインポートするのか?を紹介してみました。
後、Windows Live メール 2009 でのやり方ですが、「Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行する方法」も参考にしてみてください。

広告

2 Responses to Windows Live メール 2011のマルチユーザー機能は?

  1. 磯野 隆 says:

    すみませんが教えてください。
    つい先日、XPからWindows7に買い替えメールソフトもOutlook ExpresからWindows Liveメールに切り替えた者です。
    Windows Liveメールでは、メールの切り替えという機能がないことはわかりました。でも、ウチでは夫婦で1台のパソコンを使い、それぞれにメールアドレスを持っていますので、ユーザーアカウントを二つにして使いたいと思います。こうした考えから、すでにユーザーアカウントを二つ作成しました。
    自分(XPの時のメインユーザー)のアカウントの自分のアドレスのメールはすでに正常に動いています。その正常に動かす方法はどうやったか、というと、①旧パソコン(XPのパソコン)にWindowsLiveメールをインストールし、
    それを起動しました。(これによって自動的にLiveメールにインポートされる、と聞きましたので。)②その後、Windows7の転送ツールを使って新しいパソコンにデータを移動。(外部ディスク経由)③その後、新パソコンでWindows Liveメールを立ち上げ。④アドレス帳などが移行できませんでしたが外部ディスクにXPパソコンでできたWindows Liveメールでエクスポートされた~.dbxファイルなどをセーブしてありますので、それを新パソコンの方にインポートしたら正常に動きました。

     さて、ここから質問ですが、前述したように、妻の分のメールアドレスの設定を行いたいのですが、上記と同様の簡便な方法でできないでしょうか?
    具体的には①XPの時の妻のアドレスを旧パソコンの方でエクスポートしておく。②新パソコンのユーザーアカウント「妻」を開いて、そこにメールアドレス「妻」を設定するので、旧パソコンでエクスポートしておいたアドレスをインポートする。③過去メールやアドレス帳等も旧パソコンでエクスポートしておいたデータを妻のアカウントでインポートする。
    もしこの種の方法がダメならプロバイダーからもらっているポートやアドレス設定を改めてしなければならず、非常に面倒です。こうした設定はXPの方に設定されているハズなので、これをインポートできると便利なのですが、その方法を教えてください。

    • Sakushima says:

      磯野 隆さん、いらっしゃいませ!
      まず、XP から「Windows 7 転送ツール」を使って、Windows 7へXPのデータを転送した場合、Outlook Express のデータは、メインユーザーのデータのみが移行されます。
      Outlook Express のマルチユーザーでのメイン以外のユーザーのデータは移行されません。
      いろいろ探してみたのですが、「Windows 7 転送ツール」のような簡単にデータを移行させる方法は見つけられませんでした。

      Windows XP で奥様の Outlook Express を開き、「アドレス帳」「電子メールアカウント」「メッセージ」をそれぞれエクスポートして、Windows 7のWindows Live メールへインポートするしかないと思います。
      とりあえず、OE で使っていたアドレス帳を Windows Live メール 2011で使いたいを紹介してみました。
      後、Windows Live メール 2009 でのやり方ですが、「Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行する方法
      参考にしてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。