Windows Live メール 2011で本文中に全角スペースを入れてから再編集すると

Windows Live メール 2011の「テキスト形式」で「メッセージの作成」をします。文中に 全角スペースを入れます。下記画像では、「りんご」と「5個」の間には全角スペースを3つ入れてあります。

「りんご」と「5個」の間には全角スペースが3つある

作成したメールを「送信トレイ」か「下書き」に保存します。再度、編集するために開きます。すると、全角スペースが、下記のように半角スペース1つになってしまいます。これは、全角スペースを何個入れてあっても関係なく、半角スペース1個になってしまいました。

「リンゴ」と「5個」の間のスペースが半角1個になってしまった

この現象は、テキスト形式のみで、HTML形式では起こりません。また、テキスト形式でも、再編集せず、そのまま送信すれば起こりません。そして、この現象は、全角スペースだけで、半角スペースでは起こりません。

なお、HTML形式で作成している最中にテキスト形式にしても再現します。HTML形式からキスト形式に変更した際は、文頭に入れた全角スペースは全く無くなり、文中に入れた全角スペースは何個入っていても、半角スペース1個になってしまいました。

「HTML形式」から「テキスト形式」に切り替えると

回避方法としては、下記の3つ。

  • 再編集せずに即送信する。
  • スペースを入れたい場合は半角スペースを使う。
  • テキスト形式ではなく、HTML形式を使う。

何かわかりましたら、またお知らせします。

「Windows Live Mesh が実行されている時は、Windows Live Sync を開くことができません。」というメッセージ

Windows Live Essentials 2011 搭載の Windows 7 64bit で起動時にこんなメッセージが表示されました。

「Windows Live Mesh が実行されている時は、Windows Live Sync を開くことができません。」というメッセージ

これか表示された際は、パソコン起動時なので、特に何かを手動で開いたわけではないのです。

Windows Live Essentials 2011をインストール後、Live Mesh を使い始めました。Live Sync は、Beta版の際に利用。

Windows Live Mesh と Devices ヘルプ センター – 概要を見てみましたら、「Windows Live Sync を使用していた場合」にこうありました。

Sync をアンインストールします (推奨)。

Sync をインストールしたままにしておくと、Sync を Windows Live Mesh と同時に実行することはできません。

あれ?Windows Live Essentials 2011をインストールした際に、Sync はアンインストールされないのでしょうか?

コントロール パネルから「プログラムと機能」を確認してみたところ、「Windows Live Sync」がありました。Live Meshをインストールした際、アンインストールされないのですね。

「プログラムと機能」に「Windows Live Sync」がある

ということで「Windows Live Sync」をアンインストール。パソコンを再起動してみましたら、メッセージが表示されなくなりました。

ところで、もう1台、Sync で同期を取っている Windows 7 32bit は、どうなのだろう?と「プログラムと機能」を確認してみました。「Windows Live Sync」はありませんでした。何が違うのでしょうね。