広告

Windows Live メール 2011で本文中に全角スペースを入れてから再編集すると

Windows Live メール 2011の「テキスト形式」で「メッセージの作成」をします。文中に 全角スペースを入れます。下記画像では、「りんご」と「5個」の間には全角スペースを3つ入れてあります。

「りんご」と「5個」の間には全角スペースが3つある

作成したメールを「送信トレイ」か「下書き」に保存します。再度、編集するために開きます。すると、全角スペースが、下記のように半角スペース1つになってしまいます。これは、全角スペースを何個入れてあっても関係なく、半角スペース1個になってしまいました。

「リンゴ」と「5個」の間のスペースが半角1個になってしまった

この現象は、テキスト形式のみで、HTML形式では起こりません。また、テキスト形式でも、再編集せず、そのまま送信すれば起こりません。そして、この現象は、全角スペースだけで、半角スペースでは起こりません。

なお、HTML形式で作成している最中にテキスト形式にしても再現します。HTML形式からキスト形式に変更した際は、文頭に入れた全角スペースは全く無くなり、文中に入れた全角スペースは何個入っていても、半角スペース1個になってしまいました。

「HTML形式」から「テキスト形式」に切り替えると

回避方法としては、下記の3つ。

  • 再編集せずに即送信する。
  • スペースを入れたい場合は半角スペースを使う。
  • テキスト形式ではなく、HTML形式を使う。

何かわかりましたら、またお知らせします。

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。