広告

Windows Live メール 2011 の「テキスト形式」と「HTML形式」の切り替え

Windows Live メール 2011を使っています。メールの作成には「テキスト形式」を使いたいのです。しかし、「メッセージの作成」画面のリボン状に「HTML形式」と表示されています。これは、いったいどうなってしまっているのでしょう?

Windows Live メール に限らないのですが、操作画面がリボン形式になって、少しわかりづらい部分があります。質問者さんの戸惑われたのも、その一つでしょう。

まず、通常のメール作成が「テキスト形式」なのか「HTML形式」なのかは、メールの「オプション」で確認・設定します。

メールの「オプション」での「メール送信の形式」の設定

  1. Windows Live メール 2011 を起動
  2. 「ホーム」タブの左にある青い(Windows Live メール)ボタンをクリック
    「ホーム」タブの左にある「Windows Live メール」ボタン
  3. 「オプション」から「メール」をクリック
    「Windows Live メール」ボタンをクリックすると開くメニューから「オプション」を開いたところ
  4. 「オプション」が開くので「送信」タブを開く。
  5. 「送信」タブ内にある「メール送信の形式」を確認する。「HTML 形式」にチェックが付いている場合は、通常のメッセージ作成画面が「リッチテキスト形式(HTML)形式」で作成できる。「テキスト形式」にチェックが付いている場合は、「テキスト形式」で作成できる。
    「オプション」の「送信」タブ
    ※返信や転送時は、「送信」内にある「受信したメッセージと同じ形式で返信する」の設定によって異なります。返信や転送時も、自分の設定した形式で送信したい場合は、「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックを外してください。
  6. 設定を変更したら、「OK」ボタンをクリック。

さて、こうやって確認し、「テキスト形式」でメールを作成しようと思うのに、リボンには下記の画像のように「リッチテキスト(HTML)」と表示されているとのこと。

リボンに「リッチテキスト(HTML)」と表示されている場合

実は、これ、違うのです。この部分は、現在設定されている状態が表示されているのではなく、「リッチテキスト(HTML)」に切り替えられるということが表示されているのです。試に、「リッチテキスト(HTML)」をクリックしてみてください。すると、リボンには「テキスト形式」と表示されるようになります。しかし、リボンの「フォント」や「段落」内をよく見てください。「リッチテキスト(HTML)」と表示されていた時は使えなかった「フォント」や「段落」が、切り替えたことによって使えるようになったことでしょう。これは、「リッチテキスト(HTML)」に変更されたからです。

リボンに「テキスト形式」と表示されている場合

表示は、リボンの「リッチテキスト(HTML)」のぶぶんは、現在の状態を示しているわけではなく、変更できる内容を示しているのでした。

広告

4 Responses to Windows Live メール 2011 の「テキスト形式」と「HTML形式」の切り替え

  1. 八幡博己 says:

    「リッチテキスト(HTML)」と表示されていた時は使えなかった「フォント」や「段落」が、切り替えたことによって使えるようになったことでしょう。これは、「リッチテキスト(HTML)」に変更されたからです。・・はわかるのですが、
    テキスト形式の場合、リボンのフォントがクリックしても、変わりません。
    テキスト形式で、フォントを変えるのはどうすればいいのでしょうか?

  2. 八幡博己 says:

    Windows Live メール 2011で、写真添付する場合、アウトルック出会ったように、「圧縮画像」にするかどうか、問うて着ません。同じように圧縮画像を送るにはどうすればいいですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。