広告

Windows Live Messenger 2011 の表示を以前のバージョンのようにしたい

Windows Live Messenger は、もともとチャットをするためのアプリケーションでした。しかし、Windows Live Messenger 2011 からは、チャットする以外にも、Facebook や MySpace といったソーシャルネットワークと連携させることが可能になりました。

Windows Live Messenger 2011 を初めて起動させた際のようこそ画面に、下記のような「更新情報」と「MSN」の選択画面があったことでしょう。

「新しいMessengerにようこそ」画面

このどちらかを選ぶことによって、Windows Live Messenger 2011では、自分の参加しているソーシャルネットWorkの更新情報を一か所で表示できるようになりました。友だちが新しい写真を投稿した、何か書き込んだといった更新状況を把握することができます。しかも、ウィンドウは、従来のものよりも広くなりました。(ワイド表示)しかし、そのためか、従来からのチャットのウィンドウが、場合によっては簡略されて表示される場合があります。

Windows Live Messenger 2011 のワイド表示

上記画像は、Messengerのお気に入りに登録していない状態で、なおかつ、オンライン上に誰もいない場合です。この場合、誰も、表示されません。

従来の Windows Live Messenger 2009 のような表示に切り替えたい場合は、「コンパクト表示」に切り替えてみてください。

「コンパクト表示に切り替える」アイコン

Windows Live Messenger 2011 をコンパクト表示に切り替えると、従来のような表示となります。

コンパクト表示のWindows Live Messenger 2011

参考:Messenger: Messenger のワイド表示

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。