SkyDrive で Office 製品の共同作業をするには:「Windows Live グループ」の作成方法編

ただ今、Microsoft Office 365 Beta プログラムに参加して検証している最中です。
世の中は不思議なことだらけ: Office 365

Microsoft Office 365 とは、職場や団体活動での場で共同作業をするために、Microsoft Office 製品が共同で使えるようになる次世代のオンラインサービスのことです。現在は、Beta 版のため無償で使えますが、製品版になった際には有償になります。

さて、Office 365 Beta で Word の共同編集作業をしてみたを紹介しましたが、Windows Live の SkyDrive でも似たようなことができます。しかも、Windows Live の SkyDrive ならば、ずっと無償で使えます。企業で使うのではなく、家族やボランティアチームと言った場合は、ずっと無償で使える方がいいでしょうね。

ただ、SkyDrive は、個人で利用することを主としています。そこで、他のユーザーと共有して使えるようにするためには、Windows Live 上に「グループ」を作成する必要があります。それでは、SkyDrive の Office Web Apps で共同作業をするために、まずは「Windows Live グループ」を作る方法を紹介しましょう。

Windows Live グループの作り方

  1. Windows LiveSkyDriveへ Windows Live ID を使ってサインインします。
  2. 上部にある「Office」をマウスで押さえ、表示されたメニューから「自分のグループ」をクリック
    SkyDrive のページの上部
  3. 「グループ」のページが開きます。初めて使う場合は、「Windows Live でグループを作ってみませんか」と表示されます。下にある「グループの作成」ボタンをクリック
    Windows Live でグループを作ってみませんか
  4. 「グループの作成」ページが開きます。
    「グループの作成」ページ
    「グループの名前」と、そのグループで利用したい「グループのメールアドレス名」を入力。アドレス名は、半角英数字で入力します。その後、「使用可能かどうか確認する」をクリック。
  5. このグループに入れたい人の Windows Live IDを「知り合いの追加」欄に入力。 複数入力したい場合は、[,](コンマ)で区切りながら入力します。
  6. 入力できたら「作成」ボタンをクリック。
  7. 「グループへようこそ」と表示されたら完了です。
    「グループへようこそ」

グループが出来上がると、以降、Windows Live で「自分のグループ」に入ると、自分の所属しているグループが表示されるようになります。必要に応じて、他のユーザーを招待しましょう。

Windows Live で「自分のグループ」

参考:Office Web Apps: 簡単に共有できるようにグループを作成する

この続きは、SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業するコツをご覧ください。

2014年7月27日 追記:
Windows Live が SkyDrive、そして、OneDriveと変わりまして、グループは廃止されました。詳細は、OneDrive の「グループ」 でご確認ください。

SkyDrive に保存した Office 製品のファイルへ iPhone を使ってアクセスしてみた

SkyDrive の Office Web Apps を使ってみる の続き。

某所でこのネタが盛り上がりました。Mac で確認してくださった方がいらっしゃいまして、Chrome でも十分使えるとのこと。Office Web Apps はブラウザに依存しないので、Internet Explorer だけでなくいろいろなブラウザで利用できる模様です。

さて、そういうことになると、パソコンではなくスマートフォンではどうなのでしょう?そこで、iPhone 4 では、どこまでできるのか、実際に確認してみました。

今回、SkyDrive 上に保存したのは、PowerPoint 2010で作ったこんなファイルです。

PowerPoint のファイル「パワーポイントで遊んでみた」

  1. iPhone の Safari で、SkyDrive へ Windows Live ID でサインインします。
    iPhone の Safari で SkyDrive へサインイン
  2. SkyDrive のページが開きますので、ファイルが保存されているフォルダーを開き、目的のPowerPointのファイルでタップします。
  3. 「縮小版一覧」と言うのが開きました。
    image
    一応、ちゃんと見えますね。
  4. タイトルの部分をクリックすると、スライドが大きく表示されました。
    PowerPointでのスライド1枚目
  5. 「次のスライド」をタップすると、次へ移動しました。
    PowerPointでのスライド2枚目 PowerPointでのスライド3枚目
    「前のスライド」で前へ戻ることも可能。

こんな風にして閲覧できました。しかし、編集はできませんでした。

なお、Word や Excel でも確認してみましたら、やはりこんな感じで特別なビュアーが開き閲覧できましたが、OneNote だけは閲覧できませんでした。

App Store で英語アカウントを持っていると、OneNote for iPhone があるのですけどね。
参考:OneNote for iPhone がダウンロードできる « 原水商店

SkyDrive の Office Web Apps を使ってみる

2010年12月に日本全国の Windows Live ID ユーザーが、Microsoft Office Web Apps を利用できるようになりました。

参考:Windows Live SkyDrive – Microsoft Office Web Apps

ただ、その後、すぐにいろいろ不具合が発生し、使えないことがあったものですから、私もすっかり確認するのを忘れていました。

日本国内の全 Hotmail ユーザーが、Microsoft Office Web Apps を利用可能に

それでは、SkyDrive の Office Web Apps を利用する方法を紹介しましょう。

  1. SkyDriveへサインインします。
  2. 上部にある「Office」をクリック
    SkyDrive のページの上部
  3. 右の方に「新しいオンライン ドキュメントの作成」があり、WordやExcel、PowerPoint、そして、OneNote のアイコンが並んでいます。
    「新しいオンライン ドキュメントの作成」
  4. 利用したい製品のアイコンをクリック
  5. ファイル名を付けるよう促されますので、適切なファイル名を入力し「保存」ボタンをクリック。
  6. すると、下記のような各製品のアプリがブラウザ上で表示されることでしょう。

Word Web App
Word Web App

Excel Web App
Excel Web App

PowerPoint Web App
PowerPoint Web App

OneNote Web App
OneNote Web App

使える機能が少ないのですが、Office 2010 製品のような感じです。保存先は、SkyDrive のドキュメント内。なお、保存されているファイル名の右をマウスでポイントすると使える機能が表示されるようになっています。Office 2007もしくは、Office 2010を持っている場合は、自分のパソコン内で編集することも可能。
ファイル名の右をマウスでポイントすると使える機能が表示される

SkyDrive 上のファイルをダウンロードしたい場合は、「その他」をクリックするとできるようになっています。
「その他」を開いてみた

メールを受信したら中国語混じりのような文字化け

自分のパソコンでメールを受信しましたら、中国語混じりのような文字化けしたメッセージになっていました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

中国語のような文字化けしたメッセージというのは、こんな感じのものでしょう。

文字化けして中国語混じりのようになってしまったメッセージ

このような中国語のように見えるメッセージ、最近では、iPad や iPhone、Windows Live メール 2011から送信されてくるメールを開くとよく起こります。これは、エンコードが「Unicode (UTF-8)」であるにもかかわらず「日本語」で開いてしまうと起こります。

このようになってしまっているメッセージを正しく日本語で読めるようにするには、「日本語」になっているエンコードを「Unicode (UTF-8)」に変更してみてください。

Outlook Express や Windows メール、Windows Live メール 2009の場合

  1. メニューバーの「表示」-「エンコード」と進み、「Unicode (UTF-8)」をクリックする
    メニューバーの「表示」-「エンコード」と開いたところ
    ※メニューバーが見当たらない場合は、Alt キーを押してみてください。
  2. 「Unicode (UTF-8)」が見当たらない場合は、「その他」の中から探す

Windows Live メール 2011の場合

  1. 「ホーム」タブにある「アクション」の「エンコード」をクリックし、「Unicode (UTF-8)」をクリックする。
    「ホーム」タブにある「アクション」の「エンコード」をクリックしたところ
  2. 「Unicode (UTF-8)」が見当たらない場合は、「その他」の中から探す

ただし、Internet Explorer 9搭載機で、Windows Live メール 2011の「オプション」-「読み取り」タブの「メッセージの読み取り」にある「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを付けている場合にもおこります。
「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にしたら文字化けしてしまった Unicode(UTF-8)のHTML形式のメール

上記画像のメッセージは、エンコードが「日本語」ではなく、ちゃんと「Unicode(UTF-8)」になっています。しかし、中国語のような文字化けになっています。そして、どのエンコードに変更しても文字化けは解消しません。これを解消するためには、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」のチェックを外す必要があります。

参考:IE9 をインストールしたら Windows Live メールでフォントサイズが!

Hotmail のタイムゾーン設定の変更方法

Web 上で Hotmail を使っています。友人から私に送られたメールの時間が半日ほどずれています。私のパソコンの時間は正しく設定されています。そこで、その友人のパソコンで確認してもらったところ、しっかりとその友人が送ったという時間で表示されているとのことでした。私のパソコンの設定がおかしいのだと思うのですが、こんな場合は、どうするといいのでしょう?

Web 上でHotmail の送受信時間が違っているという場合、Hotmail で設定してある「タイムゾーン」が現在住んでいる地域と違っているのでしょう。下記のようにしてタイムゾーンを確認し、変更してみてください。

  1. Hotmail にアクセスし、Windows Live IDでサインインします。
  2. 画面右上の「オプション」をクリックしてメニューを開き、「詳細オプション」を選択します。
    画面右上の [オプション] をクリックしたところ
  3. 「Hotmail のオプション」へ移動します。「アカウントの管理」内にある「アカウントの詳細(パスワード、名前、タイムゾーン)」をクリックします。
    image
  4. 「アカウントの概要」に移動します。「アカウント情報」内にある「国/地域」右側の「変更」をクリックします。
  5. 「登録情報」に移動しますので「自宅の住所」の「国/地域」が現在お住まいの国になっているかどうか確認します。
    次に「タイムゾーン」の部分自分の住んでいる地域にします。
    例えば、日本時間に設定したい場合は、「国/地域」を「日本」に、「タイムゾーン」を「東京, 日本-JST」に設定します。
    日本時間に設定したい場合は、[国/地域] を [日本] に、[タイムゾーン] を [東京, 日本-JST] にする
    また、米国時間に設定したい場合は、「国/地域」を「米国」に、「タイムゾーン」を 自分の住まいの地域に設定します。
    米国時間に設定したい場合は、[国/地域] を [米国] に、[タイムゾーン] を 自分の住まいの地域に設定
  6. 変更できたら「保存」をクリックします。
  7. ブラウザを再起動し、Hotmail へアクセス。メールの送受信時間を確認します。

参考:よくある質問 Hotmail – Windows Live on MSN