SkyDrive で Office 製品の共同作業をするには:「Windows Live グループ」の作成方法編

ただ今、Microsoft Office 365 Beta プログラムに参加して検証している最中です。
世の中は不思議なことだらけ: Office 365

Microsoft Office 365 とは、職場や団体活動での場で共同作業をするために、Microsoft Office 製品が共同で使えるようになる次世代のオンラインサービスのことです。現在は、Beta 版のため無償で使えますが、製品版になった際には有償になります。

さて、Office 365 Beta で Word の共同編集作業をしてみたを紹介しましたが、Windows Live の SkyDrive でも似たようなことができます。しかも、Windows Live の SkyDrive ならば、ずっと無償で使えます。企業で使うのではなく、家族やボランティアチームと言った場合は、ずっと無償で使える方がいいでしょうね。

ただ、SkyDrive は、個人で利用することを主としています。そこで、他のユーザーと共有して使えるようにするためには、Windows Live 上に「グループ」を作成する必要があります。それでは、SkyDrive の Office Web Apps で共同作業をするために、まずは「Windows Live グループ」を作る方法を紹介しましょう。

Windows Live グループの作り方

  1. Windows LiveSkyDriveへ Windows Live ID を使ってサインインします。
  2. 上部にある「Office」をマウスで押さえ、表示されたメニューから「自分のグループ」をクリック
    SkyDrive のページの上部
  3. 「グループ」のページが開きます。初めて使う場合は、「Windows Live でグループを作ってみませんか」と表示されます。下にある「グループの作成」ボタンをクリック
    Windows Live でグループを作ってみませんか
  4. 「グループの作成」ページが開きます。
    「グループの作成」ページ
    「グループの名前」と、そのグループで利用したい「グループのメールアドレス名」を入力。アドレス名は、半角英数字で入力します。その後、「使用可能かどうか確認する」をクリック。
  5. このグループに入れたい人の Windows Live IDを「知り合いの追加」欄に入力。 複数入力したい場合は、[,](コンマ)で区切りながら入力します。
  6. 入力できたら「作成」ボタンをクリック。
  7. 「グループへようこそ」と表示されたら完了です。
    「グループへようこそ」

グループが出来上がると、以降、Windows Live で「自分のグループ」に入ると、自分の所属しているグループが表示されるようになります。必要に応じて、他のユーザーを招待しましょう。

Windows Live で「自分のグループ」

参考:Office Web Apps: 簡単に共有できるようにグループを作成する

この続きは、SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業するコツをご覧ください。

2014年7月27日 追記:
Windows Live が SkyDrive、そして、OneDriveと変わりまして、グループは廃止されました。詳細は、OneDrive の「グループ」 でご確認ください。

SkyDrive に保存した Office 製品のファイルへ iPhone を使ってアクセスしてみた

SkyDrive の Office Web Apps を使ってみる の続き。

某所でこのネタが盛り上がりました。Mac で確認してくださった方がいらっしゃいまして、Chrome でも十分使えるとのこと。Office Web Apps はブラウザに依存しないので、Internet Explorer だけでなくいろいろなブラウザで利用できる模様です。

さて、そういうことになると、パソコンではなくスマートフォンではどうなのでしょう?そこで、iPhone 4 では、どこまでできるのか、実際に確認してみました。

今回、SkyDrive 上に保存したのは、PowerPoint 2010で作ったこんなファイルです。

PowerPoint のファイル「パワーポイントで遊んでみた」

  1. iPhone の Safari で、SkyDrive へ Windows Live ID でサインインします。
    iPhone の Safari で SkyDrive へサインイン
  2. SkyDrive のページが開きますので、ファイルが保存されているフォルダーを開き、目的のPowerPointのファイルでタップします。
  3. 「縮小版一覧」と言うのが開きました。
    image
    一応、ちゃんと見えますね。
  4. タイトルの部分をクリックすると、スライドが大きく表示されました。
    PowerPointでのスライド1枚目
  5. 「次のスライド」をタップすると、次へ移動しました。
    PowerPointでのスライド2枚目 PowerPointでのスライド3枚目
    「前のスライド」で前へ戻ることも可能。

こんな風にして閲覧できました。しかし、編集はできませんでした。

なお、Word や Excel でも確認してみましたら、やはりこんな感じで特別なビュアーが開き閲覧できましたが、OneNote だけは閲覧できませんでした。

App Store で英語アカウントを持っていると、OneNote for iPhone があるのですけどね。
参考:OneNote for iPhone がダウンロードできる « 原水商店