Windows Live メール 2011では「署名」がうまくレイアウトできない

先日から、Windows Live メール 2011を使い始めました。メールのメッセージに「署名」を挿入してみたところ、すべての文字列が左に寄ってしまいました。私の署名は、スペースキーを使って、空白部分を作ってあるのです。Windows Live メール 2011では、そういうことができないのでしょうか?

まず、Windows Live メール 2011 の署名は、下記のようにして設定します。

  1. Windows Live メール 2011 を起動
  2. 「ホーム」タブの左にある青い(Windows Live メール)ボタンをクリック
    「ホーム」タブの左にある「Windows Live メール」ボタン
  3. 「オプション」から「メール」をクリック
    「Windows Live メール」ボタンをクリックすると開くメニューから「オプション」を開いたところ
  4. 「オプション」が開くので「署名」タブを開く
  5. 「署名」の「新規作成」をクリック。
    「オプション」の「署名」タブ
  6. 「署名の編集」の「テキスト」欄にメールに挿入したい署名を入力します。
    自分の名前・メールアドレス、お持ちならホームページの名前やURLを書き込むと良いでしょう。また、仕事で使っているメールであれば、電話番号や住所も入力しておいてもいいでしょう。
    「署名の編集」の「テキスト」欄に入力したところ
    ※「新規作成」の「電子メール メッセージ」を開いた途端に署名が入っているようにしたい場合は、「すべての送信メッセージに署名を追加する」にチェックを付けておくといいでしょう。また「返信と転送メッセージには署名を追加します」は、好みに応じてチェックを入れます。
  7. 出来上がった署名に名前を付けておきたい場合は、「署名」内にある「名前の変更」をクリックして、名前を付けます。
    「署名」に名前を付ける
  8. 「OK」ボタンを押して、「オプション」を閉じます。

署名の挿入方法

「オプション」の「署名」タブで「すべての送信メッセージに署名を追加する」にチェックを付けた場合は、メッセージの「新規作成」を開いた途端に、署名が挿入されて開きます。しかし、「すべての送信メッセージに署名を追加する」にチェックを付けなかった場合は、下記のようにして手動で挿入する必要があります。

  • 「メッセージの作成」画面の「メッセージ」タブにある「挿入」の「その他」から「署名」をクリックする。
    「メッセージ」タブにある「挿入」内の「その他」を開いたところ
  • 「メッセージの作成」画面の「挿入」タブを開き、「含める」ないにある「署名」をクリックする
    「挿入」タブの「含める」

さて、このようにして署名を設定しメッセージに挿入するわけですが、質問者さんのように空白を挿入した凝った署名を作って、メッセージに挿入してみます。

image

まずは、名前とメールアドレスの文字列の前に半角でスペースを4個ずつ入れてあります。このようにして、メッセージ内に署名を挿入すると、下記のように表示されます。

署名の行頭に半角スペースを使っている場合

せっかく入れた、名前とメールアドレスの前の半角でスペース4個が全くなくなってしまいました。この現象は、メッセージの形式には関係なく。「テキスト形式」でも「リッチテキスト(HTML)形式」でも起こります。

この現象を回避するためには、行頭に半角スペースを使わず、全角スペースを使うようにします。

署名に全角スペースを使っている場合

また、行頭ではないけれども、文字と文字の間にスペースを入れたい場合も半角スペースだと適切に反映されません。例えば、下記のように、全角スペース2個と半角スペース4個で同じように間隔をあけたつもりの署名。

全角2個と半角4個を続けて入れて署名を作る

これを実際に挿入してみると、全角スペースはちゃんと入れた分だけ反映されます、しかし、半角スペースの空白は、1個分しか挿入されませんでした。

半角を4個入れたけど、1個分しか入っていない

このように、文字と文字の間の半角スペースは、続けて何個入れても1個しか反映されません。

ただし、全角と半角を微妙に組み合わせるとうまく行く場合もあります。
半角全角スペースを組み合わせた例

いろいろ確認しながら、署名を作ってみてください。

Windows Live Messenger や Windows Live メールが起動しない

Windows Live Essential 2011の Messenger が起動しません。起動しようとすると次のようなエラーがでます。「このアプリケーションのサイドバイサイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした。詳細については、アプリケーションのイベントログを参照してください。」
「このアプリケーションのサイドバイサイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした。詳細については、アプリケーションのイベントログを参照してください。」
Windows Live Essentials 2011をアンインストールしてみようと思ったのですが、それも何故かできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows Live Messenger 2011で質問いただきましたが、Windows Live メール 2011でも同様な現象が起こる模様です。この現象は、Windows Live Essentials 2011が正常にインストールされていないために起こる模様です。そこで、Windows Live Essentials 2011を一旦アンインストールして、再インストールすると良いわけですが、質問者さんのようにアンインストールもできないようです。

そこで、下記のようにして、Windows Live Essentials 2011のアンインストールツールを使ってみましょう。

  1. 下記より、Windows Live Essentials 2011のアンインストール ツールをダウンロードします。
    http://g.live.com/1rewlive4arp/wlarp.exe
  2. ダウンロードが完了したら、wlarp.exe をダブルクリックして実行します。
    「ユーザーアカウント制御(UAC)」が開いた場合は「はい」をクリックします。
  3. 下記のような画面が表示されたら、「OK」をクリックします。
    There is a problem with one or more of your Windows Live programs. To fix it, try uninstalling all of your Windows Live programs, and then install them again from explore.live.com. Would you like to uninstall now?
  4. 自動的に作業が始まりますので、しばらく待ちます。
  5. 進行状況のバーが消えたらパソコンを再起動します。
  6. 下記より、Windows Live Essentials オフライン インストール ファイルをダウンロードします。
    http://g.live.com/1rewlive4-all/ja/wlsetup-all.exe
  7. ダウンロードが完了したら、wlsetup-all.exe ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

以上で現象がどうなるか、確認してみてください。

参考:エラー:「このアプリケーションのサイドバイサイド構成が正しくない…」と表示され、Windows Live 製品が起動しない現象について

2016年11月3日 追記:
このページで紹介した wlarp.exe と wlsetup-all.exe ファイルの配布は終了しましたので、ダウンロードできません。

Hotmail から「テキスト形式」で送信すると余計な改行が入っている

Internet Explorer 9 を使って、Hotmail でメールのやり取りをしています。最近、メールの相手から、「届いたメールに余計な改行が入っている」と連絡が来ました。試に自分に送ってみたところ、確かに、妙に空白行が入っているメールが届きました。これは、いったいどうなってしまったのでしょう?

この現象は、Internet Explorer 9 を使って、Hotmail から「テキスト形式」のメールを送信すると起こります。

現象の再現方法

  1. Internet Explorer 9 で Hotmail にアクセスし、Windows Live IDとパスワードでサインインします。
  2. 「新規作成」をクリックします。
    Hotmail の「受信トレイ」のページ
  3. メールの形式が「リッチ テキスト(HTML)形式」になっている場合は「テキスト形式」に切り替えます。
    メールの形式を「テキスト形式」にする
  4. 「Web ページからのメッセージ」が表示されたら「OK」をクリック。
    「Web ページからのメッセージ」プレイン テキスト モードに切り替えようとしています。すべての書式が失われます。
  5. メッセージ入力欄に下記のように入力してみましょう。
    image
    4行目と6行目に空白行を入れました。
    なお、メッセージは、コピー&ペーストではなく、Web ページ上で直接入力します。そして、改行する際は、Enter キーで改行します。
  6. メッセージが書きあがったら、「宛先」と「件名」を入力して「送信」します。
    Hotmail を送信
  7. 届いたメールを確認してみると、こんな風に届きます。
    image
    まず、メッセージの冒頭に1つ空白行が入ります。後は、メッセージ内で改行をしたところの下に勝手に空白行が入っています。わざと空白行を入れた部分には、3行もの空白行が入っています。

この現象は、IE9 で起こるとわかりました。試に、Firefox を使って送信してみましたら、メッセージ冒頭の空白行は勝手に入るのですが、メッセージ内には入りませんでした。
Firefoxから送信した場合、冒頭に空白行が入る

どうも、IE9 では、Enter キーで改行を打った際、正常に改行が反映されないもようです。

IE9 でこの現象を回避する方法です。改行をする際、Shift キーを押しながら Enter キーを押してみてください。これで、メッセージ内で改行をした際の、無駄な空白行が入らなくなりました。
IE9 で改行する際に Shift+Enter を使うと、無駄な空白行はメッセージの冒頭のみになった

しかし、メッセージ冒頭の空白行を入れないように送信する方法に関しては、わかりません。

この現象は、既に調査対象になっているとのことです。

Windows Live Solution Center 「改行が正しく反映されない」

しばらくは、「リッチ テキスト(HTML)形式」でのメールを使うか、Windows Live メール と言ったHotmail に対応したメールソフトを使うことをお勧めします。

Windows Live のサインイン ページにIDを覚えさせる

Windows Live のサインインページでアイコン付きの複数IDが表示されないのは!で、2011年6月30日ぐらいから、Internet Explorer で Windows Live のサインインページでアイコン付きの複数 Windows Live IDが表示されなくなったことを紹介しました。

この度、Windows Live のサインイン ページでちょっとした改定があったとのことです。

An update on the changes to the Hotmail sign in page

今回の改定によって、ブラウザのオートコンプリート機能で、自分のIDを覚えさせておくことが可能になった模様です。

例えば、Internet Explorer 9を使って、Windows Live 関連のサインインページで自分のIDとパスワードを入力して、サインインします。すると、下記のような「Web フォームの入力をオートコンプリートに記憶させますか?」という通知バーが表示されますので「はい」をクリックします。

image

こんな感じで、複数の Windows Live ID でサインインとサインアウトを繰り返します。そうこうしていくうちに、Windows Live ID の頭の一文字を入力したり、ID入力欄で上下やす印キーを押すと過去に入力した Windows Live IDが表示されるようになることでしょう。

Windows Live ID 入力欄で過去に入力したIDが表示された

この方法は、Internet Explorer だけでなく、他のブラウザでも利用可能です。

なお、この機能が上手く働かない場合は、下記ページを参考にしてみてください。

Windows Live Essentials 最新版が通知されました

Windows Live Essentials 2011 が更新可能で、Windows Live Essentials 2011の最新版が利用できることをお知らせしました。その際、

今月末には、Windows Live Essentials 2011 を搭載機には、新しいバージョンに更新するよう通知が出るようです。

とお知らせしました。この度、その通知が表示されるようになりました。

利用可能な更新プログラムがあります。クリックして、Windows Live Essentials の最新版をインストールしてください。

Windows 7 では、通知領域の辺りに上記のような「利用可能な更新プログラムがあります。クリックして、Windows Live Essentials の最新版をインストールしてください。」というポップアップが出ました。このポップアップは、すぐに消えてしまいましたが、通知領域を開くと、Windows Live Updateのアイコンがちゃんと残っています。

Windows Live Update のアイコン

「Windows Live Essentials の更新は、Windows Update で更新できるのかな?」と思っていたのですが、どうやら違うようです。Windows Update には何も表示されていません。

この通知領域にある Windows Live Update アイコンをクリックします。すると、まずユーザーアカウント制御(UAC)が開きますので、「はい」で実行してみてください。後は、自動的にインストールが始まります。

Windows Live Essentials 2011 を更新しています。

作業が完了すると、パソコンを再起動するよう促されました。

「完了しました。完了するには、コンピューターを再起動してください。」

再起動後、Windows Live Essentials 2011のバージョン情報を確認すると Build 15.4.3538.513 になっていました。
Windows Live Writer 2011 のバージョン情報

Hotmail が15周年!

2011 年 7 月 4 日、Hotmail が米国でのサービス開始から15周年を迎えました。

Hotmail Still New and Cool–Even After 15 Years – The Official Microsoft Blog – News and Perspectives from Microsoft – Site Home – TechNet Blogs (英語)

Hotmail thanks you for a great 15 years (英語)

· [Hotmail] Hotmail が 15 周年をむかえました « Windows Live 最新情報ブログ (日本語)

日本でのサービス開始は1999年からとのことですから、12年ですね。私が一番最初に取った、Hotmail のアカウントには、すごくたくさんのスパムメールが届いたので、即捨ててしまいました。しかし、現在の 私の Hotmail アカウントには「全く来ない!」と言っていいほどスパムメールを見かけなくなりました。

90% less spam in Hotmail, 15% less spam on the Internet

それにしても、特にこの1年間の新機能の導入は、目覚ましいものがあったようです。そして、間もなく、カレンダーに新しい機能も加わるとのことです。

今後、Hotmail がどんなふうになっていくのか、期待したいと思います。

SkyDrive の Word Web App で共同編集

SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業するコツHotmail の Doc メールを使ってみたの続き。

SkyDrive 上の Microsoft Office 製品のファイルを仲間と一緒にリアルタイムで共同編集する方法は、Office 365 の Office Web Apps と似ています。

Word ファイルに関しては、Office 365 Beta で Word の共同編集作業をしてみた で紹介しました。これは、Office 365 の「チームサイト」に保存されている Word ファイルを共同編集する方法でした。そして、その際、「Word ファイルをリアルタイムで共同編集したい場合は、デスクトップ アプリケーションの Office Wordを使い、Word Web App を使っての共同編集はできない」と紹介しました。

しかし、SkyDrive では、デスクトップ アプリケーションの Office Word 2010と Word Web App の両方でリアルタイムの共同編集ができることがわかりました。しかも、一人は Office Word 2010 から、もう一人は Word Web App から編集作業に参加しても大丈夫でした。

参考:Work on Word docs at the same time as others using SkyDrive

※Word 2007 以前のバージョンではできません。

それでは、SkyDrive のグループ内に保存してある「お知らせ.docx」という Word ファイルをメンバーの Dream さんに手伝ってもらって、Word Web App で共同編集する様子を紹介しましょう。なお、実際に共同作業をする際は、Windows Live Messenger で通話やチャットと言ったコミュニケーションを取りながら行うとスムーズでしょう。

※共同編集できるファイルは、Word Web App で作成したものか、Word 2007 以上での拡張子が [.docx] のファイルに限られます。Word 2003/2002の場合は、Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックをインストールする必要があります。そして、「名前を付けて保存」をする際に「ファイルの種類」を「Word 文書(*.doc)」から「Word 2007 文書(*.docx)」に変更してから保存してください。
Word 2003の「名前を付けて保存」の下の部分 Microsoft Office 互換機能パックをインストールすると「Word 2007 形式」で保存できるようになる

Word Web App を使って一緒に共同編集する

  1. SkyDrive に保存されている Word ファイルを選択します。選択は、何もない部分をクリックすると可能です。なお、ファイル名の部分をクリックすると、Word Web App の「閲覧表示」でファイルが開いてしまいます。
    SkyDrive に保存されているファイル
    「閲覧表示」で開いてしまった場合は、次の 2. の後半へどうぞ。
  2. 左側にある「作業できる項目一覧」の「ブラウザーで編集」をクリック。
    左側にある「作業できる項目一覧」
    ファイル名をクリックした場合は、Word Web App の「閲覧表示」に移動します。
    Word Web App の「閲覧表示」
    Word Web App の「閲覧表示」の「ファイル」タブの並びにある「ブラウザーで編集」をクリックします。
    Word Web App の「閲覧表示」の「ファイル」タブの並び
  3. Word Web App の「編集表示」へ移動します。
    Word Web App の「編集表示」ページ
    ※Word Web App の「編集表示」は、「閲覧表示」とは違い、簡略化されたレイアウトで表示されます。
  4. 既に Dream さんは、このファイルを編集中です。その場合は、リボンの右下辺りに編集中の人の名前が表示されます。
    Word Web App の編集ページ リボンの右下辺りに既に編集中の人の名前が表示されたところ
    ※この表示は、すぐに消えてしまいます。
  5. Windows Live Messenger で「開催日時を変更する」と連絡が来ました。すると、開催日時の行頭の下記のようなマークがつきました。
    「開催日時」の行頭に「変更中」のマークがついた
    このようなマークがつくと、その行はロックされ、こちらからでは編集作業できなくなりました。カーソルを「日時」行に置いてみたのですが、Word Web App のリボン内の編集をするコマンドが使えなくなりました。また、文字入力をすることもできませんでした。
  6. 編集作業が終わって、相手が上書き保存をすると、マークが下記のように変わりました。
    変更が完了し上書き保存されると出るマーク
    こちらも、「上書き保存」をクリックします。
    Word Web App の「上書き保存」
    すると、どの部分を編集したのか、色つきで下記のように示してくれます。今回は、年月日の数字だけを変更したことがわかります。
    どの部分を編集したのか色が付くのでわかる
    リアルタイムで共同編集を行う際は、小まめに上書き保存をするといいでしょう。

そして、こちらから、文書内に変更を加えるのも同じです。編集作業ができたら、上書き保存をクリックして相手に編集作業を終えたことを知らせます。

Hotmail の「リンク ID」で新たな関連付けができないのですが

Hotmail のIDを2つ持っています。この度、新しく取ったので、また「リンクID」に登録しようと思い作業してみました。そうしたところ、「ID の上限数に達しました。」と表示され登録できなくなっていました。既にリンク登録してあるアカウント間は問題なく行き来できます。上限は、5つまでだと思ったのですが、どうなっているのでしょう?

Hotmail の「リンクID」に関しては、「Windows Live Tips ~ご利用のヒント~」さんの下記ページで紹介されています。

[Hotmail] 上級:複数のアカウントを切り替えながら使う

このページでも「アカウントは 5 個まで関連付けできるので、」とありますので、質問者さんは、関連付けられる「リンクID」の上限に達していないと思います。

私も Windows Live IDを複数持っており、「リンクID」で関連付けしてありますので、「リンク ID の管理」で確認してみました。私の場合は、既に4つ登録してあります。5つまでですから、もう1つ登録できるはずなのです。しかし、「ID の上限に達しました。」と表示されており、関連付けができませんでした。

「リンク ID の管理」

そこで、Windows Live Solution Center で確認してみましたら、下記のような情報が掲載されていました。

リンク ID 機能の終了について

複数の Windows Live ID を関連付けるリンク ID について、
誠に勝手ながら、機能を終了させていただきました。
ご利用のアカウントによっては、現在もリンクされている Windows Live ID が
表示される場合がありますが、今後ご利用いただけなくなります。

どうも、そういうことで、「リンクID」の新たな関連付けができなくなったようです。

私のアカウントでも、まだ「リンクID」の機能が使えます。しかし、順次使えなくなるもようです。かなり便利に使っていただけに、残念。

2011年8月19日 追記:
仕様の変更があり復活です。詳細は、Hotmail の「リンク ID」が復活!でどうぞ。