広告

Windows Live Mail 2011 を起動すると C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local 内に空のフォルダが作成される

Windows 7 で Windows Live Mail 2011 を使っています。Windows Live Mail を起動すると C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local 内に {} で囲まれた半角英数大文字の名前の空のフォルダが作成されるのに気がつきました。しかも、日々増え続け、そのまま削除されずに残り続けます。これは、いったいどうなっているのでしょう?どんどん増え続けますが、削除した方がいいでしょうか?

我が家の Windows 7で確認してみたところ、2011年2月22日から起こり始めていました。Windows Live メール 2011を起動させた日に、2個以上ずつのフォルダーができるようです。2011年9月8日現在で、535個見つかりました。
Local 以下に {} で囲まれたフォルダーが535個あった

この現象は、Windows Live メールでの「送受信」のタイミングでできるわけではなく、バージョンをチェックするタイミングで作成される模様です。

参考:What is creating the hex folders (hex names in curly braces) that are piling up in my user’s appdata/local folder?

この不具合を解消する方法はありません。また、C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local が本来はあまり開かないフォルダーであるためか、現バージョンのWindows Live メールでは修正予定もないとのことでした。

そして、これらの空のフォルダを削除しても良いかどうかですが、あまりお勧めできません。間違って必要なフォルダーを削除してしまうと、問題が起きる恐れがあります。どうしても削除したい場合は、自己責任でお願いいたします。

なお、次バージョンでは、この現象が発生しないように要望を出しておきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。