広告

Lync の会議にゲストとして参加する場合

Lync でオンライン会議に招待する・参加する方法は、過去に下記のように紹介しました。

Office 365 Beta の Lync 2010 でオンライン会議の開催と招待方法

Lync Online ライセンスを持たないユーザーを Lync オンライン会議に招待

Windows 8 から Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するには

2013年4月現在、Lync のサインイン アカウントを持っていないユーザーがLync の会議に参加するには、Lync Web App というブラウザーベースの Lync からと Lync 2010 Attendee が使えます。

私は、よく日本マイクロソフトさんから招待されます。2013年4月現在、アジア圏のMicrosoft が Lync Server 2010のためか、Lync Web App は、2010 ベースで起動します。この 2010ベースの Lync Web Appは、「電話ベースの音声」とのことで、「IP電話に電話して会話をする」という感じです。この場合は、電話対応の Lync を使っていないと会議の内容が聞こえませんし、主催者が許可していてもこちらから喋れません。Lync Web App が 2010 ベースで起動する場合は、Lync 2010 Attendee をインストールして参加するとスムーズでしょう。

さて、新しい Office である Office Professional Plus 2013 にも、Lync が含まれています。
Office Lync 2013

この Lync 2013 はどうなのでしょう?

試に、Windows 7 と Windows 8 に Office Professional Plus 2013をインストールしてみました。

この Office Lync 2013からでも、Lync のサインイン アドレスを持っていれば会議に参加できるとのことです。しかし、サインイン アドレスなしのゲストでは参加できませんでした。

それどころか、物は試しに Office Lync 2013を起動させてしまうと、例え、Lync Attendee がインストール済みであっても、参加 URLを開くと Office Lync 2013の方が起動してしまい、Lync Attendee が起動しなくなってしまいました。

また、Windows 8 では「lync.exe – システム エラー:コンピューターに RtmMvrAs.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。 」が表示されました。

コンピューターに RtmMvrAs.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

Lync Attendee を再インストールしても、現象は解消できませんでした。

このような場合は、次のようにして、Office Professional Plus 2013の Lync 2013をアンインストールします。

  1. コントロールパネルの「プログラムと機能」を開きます。
  2. 「Microsoft Office Professional Plus 2013」を選択して、「変更」をクリック。
    コントロールパネルの「プログラムと機能」で「Microsoft Office Professional Plus 2013」を選択
  3. 「機能の追加/削除」にチェックが付いているのを確認して、「続行」をクリック。
    Microsoft Office Professional Plus 2013 のインストール オプションを変更します。 
  4. 「Microsoft Lync」を選択して、▼ボタンを押す。「インストールしない」をクリック。
    Microsoft Office Professional Plus 2013 のインストール オプション
  5. 「Microsoft Lync」に赤い×印が付いたのを確認したら「続行」をクリック。
    「Microsoft Lync」に赤い×印
  6. 構成が済むまで、しばらく待つ。
    校正の進行状況
  7. 構成が完了したら、「閉じる」をクリック。
  8. 引き続き、「Lync 2010 Attendee」が既にインストールされている場合も、「Lync 2010 Attendee」をいったんアンインストールする。
  9. パソコンを再起動する。
  10. Lync 2010 Attendee をダウンロードして、インストールする。

これで、Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するにはで紹介したように、「ゲストとして参加」で参加できるようになりました。

ところで、Windows RT からは、Lync の会議に参加できるのでしょうか?Lync 2010 Attendeeは、インストールできません。ストアアプリにLyncはありますが、Lync のサインインアカウントが必要なタイプでした。
Lync アプリ

それでは、Lync Web App では?

「少なくとも Microsoft Silverlight 4.0 が必要です」とのこと。

少なくとも Microsoft Silverlight 4.0 が必要です

物は試しに!やっぱり、インストールできません。

このアプリはお使いの PC では実行できません

Windows RT では、対応している「Lync Attendee」アプリがないと無理なようですね。

どなたか、作ってくださいな!

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。