広告

Microsoft アカウント 2段階認証の「認証アプリ」について

Microsoft アカウントで2段階認証開始の続き。

2段階認証が設定できると「認証アプリ」があると表示されます。

認証アプリ 携帯電話のサービス エリア外 (飛行機に乗っているなど) の場合も、スマートフォン アプリを使ってセキュリティ コードを取得します。

認証アプリの説明としては、次のようにあります。

  • 携帯電話のサービス エリア外 (飛行機に乗っているなど) の場合も、スマートフォン アプリを使ってセキュリティ コードを取得します。
  • スマートフォンをお使いの場合、携帯電話のサービス エリア外でも、セキュリティ コードを取得するための認証アプリをセットアップすることを検討してください。

「セットアップ」を開いてみると、説明とやり方も書いてありました。
お使いの Microsoft アカウントに認証アプリを関連付けてください

テキストの部分だけをコピーして貼り付けます。下記のように書いてありました。

お使いの Microsoft アカウントに認証アプリを関連付けてください

認証アプリでは、30 秒ごとに新しいセキュリティ コードが生成されます。スマート フォンに認証アプリをインストールし、アカウントを関連付けると、機内モードがオンになっている場合や、携帯電話のサービス エリア外にいる場合も含めて、いつでもコードを取得できます。現在、多くのスマートフォンで認証アプリを使用できるようになっており、そのほとんどについて Microsoft アカウントとの使用がサポートされています。

いくつかの簡単な手順を行うだけでセットアップできます

  1. Windows Phone をお使いの場合は、Microsoft の認証アプリを入手します。iOS デバイス、Android デバイス、または BlackBerry デバイスをお使いの場合は、それぞれのアプリ ストアで認証アプリを検索します。
  2. アプリをインストールして開きます。
  3. バー コードをスキャンすることによって、アプリを Microsoft アカウントに関連付けます。
    ※この部分にQRコードの画像が表示されています。
  4. コードを入力することによって、関連付けが正常に完了していることを確認します。
    ※この部分にコード入力欄が表示されています。

さて、肝心のスマートフォン用アプリです。Windows phone 用のアプリは、下記ページにありました。

Authenticator  Windows Phone Apps+Games Store (United States)

しかし、私は、iPhone 使いです。iPhoneの App Store で探してみるのですが、「Microsoft 認証アプリ」といったものが見当たりませんでした。しかし、この認証アプリの使い方は、どこかで見たことがあります。それは、Google アカウントの2段階認証でです。

Google 認証システムのインストール – Google アカウント ヘルプ

このGoogle の2段階認証アプリと Microsoft アカウントのアプリのやり方が全く同じです。Google の2段階認証のiPhone用のアプリは、iPhone、iPod touch、iPad 対応 Google 認証システム(Authenticator)アプリ で入手できます。

Google アカウント用のアプリですが、Microsoft アカウントでも使えないかどうか、確認してみました。

  1. iPhone にGoogle 認証システム(Authenticator)アプリをインストールします。
  2. 「Google 認証システム(Authenticator)アプリ」を起動します。
    Google 認証システム(Authenticator)アプリ
  3. 右下の「+」アイコンをタップします。
    Google 認証システム起動画面
  4. 「バーコードをスキャン」をタップします。 
    トークンを追加
  5. ブラウザの「Microsoft アカウント」-「セキュリティ情報」-「認証アプリ」ページ内にあるQRコード(バーコード)をアプリで写します。
  6. Microsoft アカウントとそのコード番号が表示されます。
    Microsoft アカウントとコードが表示された
  7. 「認証アプリ」ページ内にあるコードを入力欄にアプリで表示されているコード番号を入力して、「関連付け」をクリックします。
  8. 「セキュリティ情報によるアカウントの保護」ページに戻ります。「アプリ認証」の部分が「セキュリティ コードを取得するための認証アプリをセットアップしました。」と表示されていたら、成功です。
    「アプリ認証:セキュリティ コードを取得するための認証アプリをセットアップしました。」
    ※コードを入力するのに、時間がかかるとリセットされてしまいました。アプリに登録したアカウントをいったん削除して、登録しなおしてみてください。

さて、Microsoft アカウントにサインインしようと、パスワードを入力して次に進みます。

2段階認証で認証アプリを設定していない場合は、指定したメールアドレスや電話番号に送信されたコードを入力するよう促されます。
認証アプリを設定していない場合の2段階認証

さて、認証アプリを設定したMicrosoft アカウントでは・・・

ちゃんと「認証アプリが生成したコードを入力してください」と表示されました。

認証アプリを設定した場合の2段階認証

iPhoneの「Google 認証システム(Authenticator)アプリ」で生成したコードを入力して「送信」ボタンを押します。

サインインできました!

Google 認証システム(Authenticator)アプリですが、Microsoft アカウントでもちゃんと使えましたよ!

2014年11月1日 追記:
Webページの変更もあり、少し流れが変わりました。2段階認証した Microsoft アカウントでの「認証アプリ」のセットアップ もどうぞ。

広告

Lync クライアント搭載機で Lync Web App へ接続する方法

Lync に関する面白い技を教えてもらいました。

Lyncインストール端末でLync Web App | 日々徒然

Office Lync や Lync Attendee といった Lync クライアント搭載機からでも、Lync Web App で接続する方法です。

通常、Office Lync や Lync Attendee といった Lync クライアント搭載機で、Lync 会議招集通知URLにアクセスすると、ブラウザ起動後すぐに、Lync クライアントが開きます。これでは、Lync Web App が使えません。

そこで、Lync 会議招集通知URLの末尾に ?sl=1 を付けて接続します。例えば、会議招集通知のURLが https://meet.lync.com/contoso/admin/ABCDEFGH だった場合は、https://meet.lync.com/contoso/admin/ABCDEFGH?sl=1 にします。

これで、ブラウザから Lync クライアントが呼ばれることなく、Lync Web Appで接続することができるとのことでした。
Lync 2013 ベースの Lync Web App

ところで、私の場合は、よく日本マイクロソフトさんから Lync のご招待をいただきます。その際の会議招集通知URLに ?sl=1 をつけて、アクセスしてみると・・・
会議招集通知URLに ?sl=1 をつけてブラウザでアクセスしてみた

ブラウザの表示には、「Lync 2010」と書いてあり、教えていただいた Lync Web App のキャプチャー画面と違います。「Web ブラウザーを使用して会議に参加」を選択して、Lync Web App を起動します。やはり、こんな感じ。
Lync 2010 ベースの Lync Web App

これが、Lync 2010 ベースで起動する Lync Web App です。

Lync 2010ベースの Lync Web Appでは、音声が聞こえません。これは、Lync 参加者の名前右側に表示されるアイコンでわかります。正しく聞こえる人たちは、電話の印が濃く表示されます。下記画像は、マイクがどういう状態になっているかを紹介した物ですが、この3種類の印になっていれば、音声が聞こえることでしょう。

音声が聞こえる場合の通話の状態例

2010 ベースの Lync Web App ではこんな感じです。濃く「WebApp」と表記されているのが、Lync Web App から参加した私です。
音声が聞こえない場合は電話印がクレー表示

私の他にも、もうお一方いらっしゃいますが、「電話」印が薄いグレー表示になっていると音声が聞こえません。

なお、音声が聞こえていないからか、上の方の黄色いバーで、通話に参加するためのオプションを表示するよう促されました。電話対応の Lync を使っていればいいのですが、対応していないらしく、携帯電話や固定電話で指定された電話番号に電話するしかありませんでした。

どうしても、Lync Web App しか使えない場合、Lync 2010 ベースでは電話を使って音声を聞くしか方法がありません。電話を使いたくない場合は、Lync 2010 Attendeeをインストールしての参加をお勧めします。

なお、Lync 2010 Attendeeをインストールしたのに使えないという場合は、新しい Office をインストールした際に、Lync 2013をインストールしていないかどうか確認してみてください。Lync の会議にゲストとして参加する場合で紹介しましたが、Lync 2013 が Lync 2010 Attendee の利用を止めてしまうもようです。

参考:

Office 365 Beta の Lync 2010 でオンライン会議の開催と招待方法

Lync Online ライセンスを持たないユーザーを Lync オンライン会議に招待

Windows 8 から Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するには