SkyDrive.com で写真が回転できる

Windows_Japan さんからの情報。

さっそく確認してみました。SkyDrive.comにアクセスして、写真を表示させると・・・

SkyDrive のメニューバーに「回転」が表示されています。

SkyDrive.com で写真を閲覧中

クリックするたびに、右回りで回転しました。これで、携帯やスマホでうっかりアップしても修正できますね。

OneNote の「共有」で追加した場所を削除したい

OneNote 2013 を Microsoft アカウントでサインインして使っています。ローカルに保存されているノートブックで「共有」を開いたら「場所の追加」がありました。もう一つのMicrosoft アカウントを入力して、SkyDrive を追加しました。これを削除したいと思っていろいろやってみたのですが、どうしても削除できません。こんな場合は、どうすると良いのでしょう?

OneNote 2013のノートブックは、パソコン内に作成した後からでも、SkyDrive などへ保存し直すことができます。保存できるのは、現在サインインしている Microsoft アカウントの SkyDrive だけでなく、自分が管理している Microsoft アカウントの SkyDrive や Office 365 の SkyDrive へも可能です。

まずは、次のようにして「共有」へ追加します。

  1. パソコン内に保存されているノートブックを OneNote で開きます。
  2. 「ファイル」タブをクリック。
    OneNote 2013 「ファイル」タブ
  3. 「共有」をクリックします。
  4. 「場所の追加 をクリックします。
    「共有」内
  5. 任意の「場所」を選択します。
    「共有」で「場所の追加」をクリックしたところ
  6. サインインに使うメールアドレスを入力して「次へ」をクリック、引き続きパスワードを入力してサインインします。
    サービスの追加
  7. 「共有」に「場所」が追加されました。
    保存先が追加された

では、こうやって追加した「場所」の削除方法です。

  1. 「ファイル」タブを開いて「アカウント」を選択します。
  2. 「接続済みサービス:」に追加した場所が表示されています。「削除」をクリックします。
    アカウント内
  3. 確認の画面が出たら「はい」をクリックします。

以上で、共有で追加した場所が削除されます。

Lync Web App プラグインがインストールできない

Lync の会議に参加することになりました。この Windows 8には、Lync 2013もインストールされています。Lync アカウントも持っているので、Lync 2013 からも参加できます。しかし、今回は、下記ページで紹介したようにして Lync Web App で参加しようと思ったのです。

Lync クライアント搭載機で Lync Web App へ接続する方法

ところが、Lync Web App プラグインのインストールで引っかかってしまいました。こんな風です。

「Lync Web App Plug-In のインストール」にチェックがついているのを確認して「会議に参加」をクリック。
「Lync Web App Plug-Inのインストール」がある

プラグインをインストールするよう実行します。すると、こんなメッセージが。

The feature you are trying to use in on a network resource that is unavaliable.
訳:ネットワーク リソースを使用しようとしている機能が利用できません。

The feature you are trying to use in on a network resource that is unavaliable.

「OK」ボタンをクリックすると、次のように「見つからない」と言われます。もしくは、「インストールできるパスを見つけろ」とのこと。

The path cannot be found. Verify that you have access to this location and try again. or try to find the installation package 'LWAPlugin32Bitinstaller.msi' in a folder from which you can install the product Microsoft Lync Web App Plug-in.

インストールする際に参照している、このパスを確認してみたところ、サインインしているアカウントでは AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.IE5 の中に「ECU53FEQ」フォルダーがありませんでした。

「OK」を押して戻します。「The feature you are trying to use in on a network resource that is unavaliable.」のメッセージに戻ります。仕方がないので、「Cancel」をクリック。

すると今度は、こんなメッセージ。

The older version of Microsoft Lync Web App Plug-in cannot be removed. Contact your technical support group.
訳:Microsoft Lync Web App プラグインの古いバージョンは削除できません。テクニカル サポート グループに問い合わせてください。

The older version of Microsoft Lync Web App Plug-in cannot be removed. Contact your technical support group.

そういえば、Lync Web App のプラグインはインストール済みのはずです。それがうまく削除できないのでしょうか?コントロールパネルの「プログラムと機能」で確認するとありました。「Microsoft Lync Web App Plug-in」をアンインストール。

プログラムと機能

「Microsoft Lync Web App Plug-in」を改めて、インストール。今度は、こんなメッセージ。

A network error occurred while attempting to read from the file:
訳:ファイルからの読み取り中にネットワーク エラーが発生しました。

A network error occurred while attempting to read from the file :

しかし、これ変です。LWAPlugin32bitInstaller.msi をインストールしようとしているはずなのです。それなのに「LWAPlugin32bitInstaller(1).msi」という具合にファイル名に (1) がついています。

Lync Web App ヘルプ:プラグインのインストールで問題が発生する場合 を確認してみたのですが、どれをやってもうまくいきません。

そこで、Lync 2013 をアンインストール。参考:Lync の会議にゲストとして参加する場合

Lync 2013 アンインストール後は、あれだけ苦労していた Lync Web App プラグインがあっさりインストール完了。でも、まだ変なので、IEの「アドオンの管理」を確認してみたところ、Lync Web App Plug-In の項目が「無効」になっていました。これを「有効」に変更。

IEの「アドオンの管理」

後は、Lync Web App プラグインの確認画面が出ますので、「許可」をクリック。

Lync Web App プラグインの確認画面
※「このドメインのためのプラグインを常に許可する」のチェックはつけないでください。

ファイアウォールで止められた場合も「アクセスを許可する」をクリック。

Windows ファイアウォールでブロックされています

これで、Lync Web App から会議に参加できるようになりました。

では、Lync Web App で会議に参加できるようになったのを確認後に、Lync 2013をインストールするとどうなるでしょう?

まず、Lync Web App でのサインイン画面には、プラグインをインストールするようなメッセージはもうありませんでした。
プラグインインストールのメッセージがない Lync Web App

「会議への参加」をクリックすると、スムーズに「Lync Web App プラグインの確認画面」が出ました。「許可」ボタンをクリック。これで、Lync 2013を搭載していても、 Lync Web App で会議に参加できました。

Lync 2013搭載機で Lync Web App プラグインのインストールがうまくいかない場合は、いったん、Lync 2013をアンインストールしてみるとうまくいくかもしれません。