広告

iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真をアップロードできるか?

iPhoneで OneDrive アプリを使っています。先日、仲の良い友人たちと旅行へ行きました。その際に、iPhoneで撮った写真をOneDrive 上にアップしました。知人にも見てもらい、追加写真もアップロードできるよう、「共有」もし「編集可能」の設定にしてあります。ところが、友人のiPhone の OneDrive アプリからは、私の OneDrive フォルダーに写真がアップロードできないと連絡がありました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

実際に、iPhoneで確認してみました。

iPhoneの OneDrive アプリを起動して、下部の「共有アイテム」をタップ。共有してくれたユーザーを選択します。

下部の「共有アイテム」をタップして共有してくれたユーザーを選択

共有されているフォルダーは「編集可能」の文字が見えます。このフォルダーを開きます。右上の「・・・」をタップすると、メニューが開きました。「アイテムの追加」も表示されています。

右上の「・・・」をタップ

「アイテムの追加」をタップすると、「フォルダーの作成」や「写真や動画の撮影」、そして「既存フォルダーからの選択」というメニューが表示されるはずなのです。しかし、ここでは、先のメニューが閉じるだけで、何も表示されませんでした。

そこで、iPhone、iPod touch、iPad 用 OneDrive ダウンロードページを確認してみました。

すると、次のように書いてあります。

• 自分の OneDrive ファイルと共有ファイルを閲覧

もしかすると「共有ファイル」は「閲覧」が主なのかもしれません。

また、iPhoneからの「編集」は何ができるのか確認してみました。同じく右上の「・・・」をタップして、メニューから「アイテムの選択」をタップ。すると、選択したファイルやフォルダーの削除ができました。また、WordやExcelといった Microsoft Office 製品のファイルが共有されている場合は、関連アプリがあれば編集が可能です

しかし、OneDrive アプリを使って。共有されたフォルダーにiPhoneからファイルをアップロードすることができませんでした。

なお、iPhoneのサファリからOneDrive.com へサインインして、「共有」を開いてみたのですが、「編集可能」と表示されているフォルダーを開いても、できるのは閲覧だけでした。サファリでは、パソコンのブラウザからでは上部に表示されるはずのコマンドが表示されません。削除すらもできませんでした。

iPhoneは、そういう仕様なのだと考えられます。

もちろん、自分自身のフォルダー内であれば、写真のアップロードは、「・・・」をタップして「アイテムの追加」から「既存フォルダーからの選択」と進み、写真を選択すれば可能でした。そこで、ご自身のフォルダー内は、閲覧だけにします。友人、知人の方も、次のようにしてOneDriveに共有フォルダーを作ってもらい、写真を保存してもらいます。そこを閲覧するという方法がいいでしょう。

右上の「・・・」をタップして「共有とアクセスの許可」をタップ。

自分のフォルダーで右上の「・・・」をタップ

「知り合いの追加」をタップ。

「共有とアクセスの許可」をタップすると表示されるメニュー

後は、共有する相手を指定し、編集を許可するかどうか、アクセスにMicrosoft アカウントでのサインインを求めるかどうか指定します。

「知り合いを追加」の画面

2015年4月8日 追記:
この現象が修正されているのを確認しました。iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真がアップロード可能に!

広告

About Lum
MS MVP for Windows and Devices for IT Windows Insider MVP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。