広告

Windows 10:スクリーンショットがOneDrive上へ自動保存

Windows 10で PrintScreen キーを使って、スクリーンショットを撮っていたところ、いきなりこんな画面が表示されました。

OneDrive すべてのデバイスからスクリーンショットにアクセス

OneDrive
すべてのデバイスからスクリーンショットにアクセス
スクリーンショットを作成すると、毎回 PC に保存され、無料でオンラインのOneDriveに格納されます。そのため、どこからでもスクリーンショットにアクセスできます。

この画面の「OneDriveに保存」ボタンを押してみたところ、OneDriveの「画像」フォルダー内に「スクリーンショット」というフォルダーが出来上がりました。以降、PrintScreen キーを押すと、自動的にファイル名「2015-11-15」というように半角英数字の「年月日」がついた番号で、保存されます。また、OneDriveから「スクリーンショットを保存しました」という通知も表示されます。

OneDriveから「スクリーンショットを保存しました」という通知

Win+PrintScreen キーでも自動的にローカル内の「ピクチャ」-「スクリーンショット」フォルダー内に、ファイル名がついて保存されますが、日本語版Windows 10の場合は、「スクリーンショット(連番)」という日本語ファイル名なので、少々都合の悪いことがありました。

これが、OneDriveに保存される際のファイル名が、半角英数字なので、ちょっといい感じです。

設定の確認は、通知領域のOneDriveアイコンを右クリックすると表示されるメニュー内の「設定」でできました。「自動保存」タブにある「スクリーンショット」の「作成したスクリーンショットを OneDrive に自動的に保存する」にチェックがついていると保存されます。

Microsoft OneDriveの「自動保存」タブ

なお、PrintScreen キーでモニター画面全体のキャプチャーが自動保存されるだけでなく、Alt+PrintScreen キーで選択中のウインドウだけのキャプチャーも自動保存されました。撮った日にちもわかるので、Win+PrintScreen キーでの自動保存よりも便利かもしれません。

参考:スクリーンショットを自動的に OneDrive に保存する – OneDrive

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。